世界

IMF、今年の世界成長率見通しを上方修正 – コロナ前の水準回復には時間 – Bloomberg

国際通貨基金(IMF)は、新型コロナウイルスによる世界経済の低迷が従来予想よりも緩やかにとどまると予想した。 多くの国と地域の政府が打ち出した、強力な景気浮揚策の影響が解けたと指摘している一方で、感染が抑え込ままで回復の道は平坦ではないだろうと警告した。

13日に発表した世界経済見通し(WEO)で、IMFは今年の世界の成長率見通しを-4.4%と6月時点のマイナス5.2%から上方修正した。 2021年はプラス5.2%と予想して、既存の5.4%から下方修正した。

今年の試合縮小は修正後の予想も大恐慌以来最悪です。 新型コロナの流行を理由に、今回のIMF・世界銀行年次総会も仮想的に行われている。

小さな上方修正

IMFは現在、世界経済が今年4.4%縮小すると予想します

出典:国際通貨基金

IMFのチーフエコノミストその他・手綱、NATO氏はWEO報告書で、「伝染病の拡大が続いている限り回復は確実でない。パンデミック前活動レベルの回復は、世界が難しい道に直面している」との認識を示した。

IMFは欧州の復興パッケージと中央銀行の大規模な資産購入など政策当局の努力が景気悪化の影響を緩和したと指摘した。 これらの前例のない支援策が6月以降、先進国とほとんどの新興開発途上国の金融環境の緩和に寄与したとの見方を示した。

政策当局は、拙速にサポートを引き揚げを避けるべきだと手綱、NATO氏は強調した。 IMFの予測は、金融政策が25年末までに現在の状態に維持されることを前提としているという。

また、社会的距離のポリシーが、来年まで継続しますがワクチンの普及に伴い、徐々に解除されて22年末までに全世界で国内感染数が低レベルになることも予想した。

今年の見通し上方修正は、特に米国とユーロ圏の4-6月の(第2四半期)が予想よりも良かった中国の成長回復が予想よりも強力であった、と7-9月(第3四半期)の回復加速の兆候を反映したものとIMFは説明した。

2020年のGDP見通し

出典:国際通貨基金

米国の今年の成長率見通しはマイナス4.3%で、従来のマイナス8%から変更された主要国の中で最も大きく上方修正された。 追加経済対策が予想に考慮されない。 21年予想プラス3.1%(従来はプラス4.5%)。

ユーロ圏は今年-8.3%(前年比マイナス10.2%)、21年がプラス5.2%(同+ 6%​​)。 先進国の経済全体の今年の予想はマイナス5.8%で、従来予想のマイナス8.1%から引き上げた。

一方、新興国市場は今年マイナス3.3%成長と推定既存のマイナス3.1%から下方修正された。

主要国の中で、今年のプラス成長が唯一の展望中国は今年1.9%、21年8.2%の成長が予想されている。

IMFは21年末までに世界総生産が19年末0.6%上回ると予想しているが、ほぼすべての中国の貢献によるもので、米国を含むほとんどの国は、少なくとも22年になるまで、新型コロナ前の水準を回復しないことができる。

原題:IMF、浅い景気後退は、完全な回復に帰る難しい道(抜粋)

READ  マドリード封鎖にパリ警報レベルの印象もコロナ第2波侵入に| ロイター

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close