世界

IMFとG20が警告、世界経済の回復腰折れリスク – 感染再び拡大に – Bloomberg

国際通貨基金(IMF)と20カ国(G20)は、今年の経済がリセッション(景気後退)の回復に腰折れのリスクが新型コロナウイルス感染再び拡大に市民生活や企業活動に新たなマラ制限措置が課されているうち回復軌道を外れ可能性があると警告した。

IMFとG20は、過去21,22の両日、オンライン形式で開催されるG20首脳会議を控え、警鐘を鳴らした。 IMFは新型コロナワクチン開発の進展に言及したのに対し、資産価格の上昇は、実体経済との乖離を示唆しており、金融の安定への脅威をもたらすことができるという認識を示した。

IMF当局者は19日に発表した報告書で、「世界の経済活動は、6月以降に加速一方、回復が失われることができ、現在の危機が深く不均一な傷を残し公算が大きい兆候がある」と指摘した。 「不確実性とリスクが非常に高い」告げた。

経済活動の崩壊

代替高周波データは、ヨーロッパで下落傾向が特に強さを示しています。

出典:Bloomberg Economics、Google、ムビトapp.com、German Statistical Office、BloombergNEF、Indeed.com、Shoppertrak.com、Opportunity Insights

英国、ドイツ、フランスのほか、米国やオーストラリアの一部などでも感染拡大予防の移動と企業活動に戻って制限措置を設けている。 以前のロック(都市封鎖)ほど厳格ではありませんが、経済成長に打撃を与えている。

ブルームバーグが確認声明書の草案によると、G20は「回復は起伏があり、高い不確実性を伴う強い下方リスクにさらされている。これらのリスクの一部は、いくつかの国で見ることができる新型コロナ感染再び拡大に起因している」と指摘した。 「人々の生活と雇用、所得を保護し、世界の景気回復を支援し、金融システムの回復力を強化するために必要に応じて、使用可能なすべての政策手段を継続して使用できる決意」と表明した。 最終的な声明フレーズは、G20会議の後に変更されることができる。

IMFのがオール期と専務理事は、ブログの投稿で、「各国は新型コロナ感染(COVID19)危機の深さで這う(は)い上がる開始した。しかし、多くの国で感染再び拡大は、これらの回復がどのように難しく不確実かを浮上させた」と述べた。

2020年のGDP見通し

出典:国際通貨基金

IMFはまた、政策支援を拙速に戻ってくることがないよう、各国政府と中央銀行は、配慮しなければならないと指摘した。

専務理事はまた、いくつかの国では、来年にかけて、現在の予算措置も財政支援を拡大する余地があると家計の現金給与と失業手当の拡充など信じ意志の終了がもたらす危険に警鐘を鳴らした。

新型コロナ感染抑制が行われた段階で、各国が成長をサポートするインフラ投資に同時に従事する場合、大きな国内総生産(GDP)ドラッグ効果を期待できるというIMFの新たな研究成果を上げて、G20諸国・地域その準備を呼びかけた。

平均死亡者数は約1万人に達する毎日600,000人近くの感染

原題:IMF、G-20、警告回復が脱線することができていること、リスクは依然として非常に高い(抜粋)

情報を追加して更新します

READ  英国で計画されている「ヒューマンチャレンジ試験」が抱える倫理的ジレンマ| AnswersNews

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close