経済

IMFは日本の通貨介入を短期影響を及ぼす「信号」の動きとして見ています。

  • IMFの関係者: BOJの利回り制御を調節する時ではない
  • 日本の介入は、設備投資に対する円の影響に関連している可能性があります。
  • 介入は比較的小さな規模のワンタイムイベントでした。
  • IMFは、介入の影響が長くはないと言います。

ワシントン、10月13日(ロイター) – 先月、日本の円急落を防ぐための通貨介入は、ボラティリティを緩和するための「信号措置」である可能性が高いが、そのような動きの影響は短期的な傾向があると選任国際通貨基金(IMF) )は言った。 関係者は木曜日言った。

IMFのサンジャヤパンス(Sanjaya Panth)アジア太平洋部副局長は最近、不安定な市場の動きにより、日本銀行が超低金利を維持し、利回り曲線制御(YCC)に対する調整を避ける必要性が高まったと述べた。

「今はYCCを変更するのに良い時期ではないと考えています。 「と言いました。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

彼は「BOJが提供しなければならない非常に重要なシグナル」とし「今すぐそれに触れることは市場を混乱させることができる。私たちはそんな余地がないと思う」と話した。

一部の投資家は、BOJがYCCを調整し、円安を減らすために日本の利回りをさらに上げることができると推測しています。

日本は先月、約2兆8000億円(190億ドル)を通貨市場に介入し、円の価値の急激な下落を阻止したが、これは主に米国中央銀行の積極的な金利引き上げとBOJの通貨政策を非常に緩やかに保つ。

市場は、予想より強い米国のインフレデータにより、ドルが円の価値である147.665円に対して32年来最高値を記録するにつれて、日本が再介入するかどうかに焦点を当てています。

Panthは、日本当局が先月、円の「非常に鋭い」動きが企業投資を萎縮させ、消費者の信頼を損なう可能性があるという観点から介入した可能性があると述べた。

Panthは日本の介入規模について言及し、「市場がどれほど流動的であるかを考えると、かなり少ない金額でした。

パンスは、これまでの円の価値が日本の経済ファンダメンタルから外れていることを示唆することを見たことがないと述べた。

「介入があるとき、それは減価償却の速度を遅くします。私たちは9月の今回のラウンドでそれを見ました。歴史的に見ると、この種の介入の影響はそれほど長く続きません」と彼は言いました。

「関連するのは、通貨と財政政策の全体的な立場であり、依然として適切です。

かつて輸出を扶養することで歓迎されていた円安は、すでに高価な燃料や食品を輸入するのにかかる費用を膨らませ、日本政策立案者たちに悩みとなりました。

($1 = 147.0500円)

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Leika Kiharaの報告。 Paul Simaoによる編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  ★今日の[강추 결산]ネック大きな有機竹内製作所(10月2日) - 週乗車

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close