IMF元エコノミストのブランチャード(Blanchard)は、金利引き上げで日本が景気後退に陥る可能性があると述べた。

Estimated read time 1 min read

ネル・マッケンジー

ロンドン(ロイター) – 国際通貨基金(IMF)の元首席エコノミストであるオリビエ・ブランチャードが日本が金利を引き上げると、「かなり強い」景気低迷に直面するだろうと月曜日に述べた。

ブランチャードは、日本銀行が今年ドルに対して34年ぶりに最低値に急落した円を引き上げるために通貨市場に介入したという疑惑が広まった日、自身の発言を伝えました。

通貨価値の下落の一部は、中央銀行が3月にマイナス金利を終了したにもかかわらず、金利が他の主要経済国よりはるかに低いため、日本の非常に緩い金融政策によるものです。

労働者の実質賃金の下落と国家の赤字の増加を述べたブランチャードは「彼らは経済的に停滞している」と話した。

現在、マサチューセッツ工科大学(MIT)の名誉教授であるブランチャードは、ロンドンで開かれたAIMサミットで参加者に演説していました。

インフレを考慮した日本の労働者賃金は2月に23ヶ月連続で下落し、今月初めのデータによると、物価の上昇が消費者の消費欲求を圧迫し続けていることを示唆しています。

賃金の傾向は、日本銀行が給与とインフレの見通しを調査する主なデータの1つであり、中央銀行が景気浮上政策をさらに緩和するかどうかを決定する際に考慮すべき重要な要素です。

さらに、日本のGDPに対する政府の負債比率も1994年の85%から260%に近く3倍以上増加し、世界最高水準だ。

大きな巨視的な状況を見ると、ブランチャードはドナルド・トランプ元大統領の再選が世界経済にとって最大の恐怖だと語った。

第三者広告。 Investing.comのオファーや推薦ではありません。 公開ビュー ここ または
広告を削除する

ブランチャードは、最初の任期中に米国経済に悪影響を及ぼす可能性のある政策決定を下すことができなかったため、2番目の任期は最初の任期よりも多くのリスクをもたらしたと述べました。

ブランチャードは今回はトランプ大統領が自分にもっと「快適な」人々と共に内閣を構成し、主要政治的任命をすると信じると述べた。

ブランチャードは「彼がより多くのお金を使うことができるため、金利を下げることができる人に連盟議長を交換すれば、これは世界中で災害になるだろう」と話した。

現議長のジェローム・パウエルは、2026年に終了する予定の米国連邦準備制度(Fed)議長として、2回目の4年任期を行っています。

READ  住宅ローンの退職金の支払いはNG? | au Webポータル経済・ITニュース
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours