science

Impossible Foodsの元のデータ科学者が機械学習を利用して、チーズ業界に進出、8億円を調達| TechCrunch Japan


Oliver Zahn(オリバー杯)氏の最初の職業別研究した。 データ科学を利用して、動物性蛋白質を植物性代替製品と交換開始クライマックス食品の創業者である彼は、カリフォルニア大学バークレー校で空を見つめながら、数年を過ごした後、Pat Brown(ファットブラウン)氏とImpossible Foodsを知っている会社のチーフデータ科学者になった。

この経験のためにグラス氏は天より地上のものに興味を持つようになり、クライマックス食品を開始した。

そして今、Google Xの共同創業者であるTom Chi(トム値)氏が起こしたAt One Venturesを開始Manta Ray VenturesとS2G Ventures、Valor Siren Ventures、Prelude Ventures、ARTIS Ventures、Index Ventures、Luminous Ventures、Canaccord Genuity Group、Carrot CapitalそしてGlobal Founders Capitalなどから750万ドル(約8億円)を調達して杯氏は、食品の未来に挑戦することになった。

投資家のための販売はJust Food(元Hampton Creek)のJosh Tetrick(ジョシュポテトリック)さんと似ており、シンプルでエレガントなである。 自然界には、今の動物から作られ製品化されているものと同等もしくはそれより優れた性質のタンパク質がある。 物語の骨子は、それだけだ。

は、動物製品の何がそれをおいしいと感じさせるものである。 会社は、植物から、そのようなものを探して生産を開始している。

データ科学の応用がすべてそうであるように、ここでも分類学が鍵となる。 Climax Foodsは、分子の構造を処理して、相互参照して、最適なものを見つける機械学習アルゴリズムを構築している。 会社はそれを、チーズを開始した。

チーズのような普通のものに天体物理学に匹敵するほどの挑戦の価値があるとは思えないが、現在では様々な企業が数百万ドル(数百億ウォン)を調達して、大規模な乳業業界に挑戦している。

「産業化に応じて、爆発的な人口増加や動物製品の消費が可能になったが、そのような時代は終わろうとしている。今日、哺乳類の90%以上、そして地球上のすべての鳥の70%以上が植物の代謝という単一の目的をために存在して食べ物に変えることができる。この業界は、複雑で無駄が多い。そして、気候変動の原因としては、地球上のすべての車を合わせたものよりも大きいさらに、地球上の水の利用可能な土地の3分の1以上を使用する。 Climax Foodsは、食品科学の革新を加速することで、環境への影響なしに植物をおいしい料理に変えることができる」と杯氏は声明で述べた。

チーズの巨大な産業団地とその牛乳で作ったモンスターを倒すクエストで杯氏の仲間になったのは、業界での経験豊富なベテランである。 まず、共同創業者であるCaroline Love(キャロラインラブ)氏は、会社のCOOで、以前にJust Foodの販売および業務担当役員だった。 そしてPavel Aronov(パベルアロイ老後)氏は、スタンフォード出身の化学者、これまで巨大化学企業Thermo Fisherにあった。

植物タンパク質の分野に大きな投資をしているS2G VenturesのSanjeev Krishnan(山支部・クリシュナ)氏は、次のように述べている「Climax Foodsは、市場と食品の体系を変える類似会社と同じ機会にしようとしているが、しかし、彼ら技術的アプローチは、完全に新しい彼らのデータ科学を利用して、新しいカテゴリーの料理を作ろうとしており、彼らは既存の動物製品と競合するだけでなく、味と栄養密度と価格の面で、彼らに成功素質が.Climax Foodsが開拓されている機械知能のアプローチは、最終的なデジタルレシピを作るために使用されている膨大な数の原料と天然加工技術を適切に活用していくために必要不可欠な技術である。」

クリシュナ私さんは、植物タンパク質の企業として、最も成功した上場企業Beyond Meatも投資している。

関連記事:Impossible Foodsが220億円を追加調達世界展開とフォークステーキ、牛乳などの開発を推進

カテゴリー:フードテック

タグ:クライマックス食品 資金調達

画像提供:スティーブンリリー/Flickr CC BY-SA 2.0ライセンスによる

[原文に]
(翻訳:iwatani、aka 切断

READ  AIM ImmunoTech新しいin vitroモデルを用いて、SARS - ..(AIM ImmunoTech Incプレスリリース)

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close