トップニュース

Inpex、Ichthys LNG契約業者を日本の裁判所に連れて行って

日本のInpexは、オーストラリア北部の巨大Ichthys液化天然ガス(LNG)輸出プロジェクト建設関連してKBR、Chiyoda、JGCで構成された合弁会社JKCを相手に訴訟を提起しました。

JKCは、2012年に陸上液化プラントの設計、調達、建設契約を受注しました。このプロジェクトは、後完了して、現在運営されています。 しかし、工事中に下請け業者は増加された費用をカバーするために追加の支払いを要求しました。

A $ 757,727,884の資金調達行為が合意され、Inpexは追加費用を合弁会社に支払っている。 その後、追加料金の支払いに関する紛争が発生し、シンガポールで仲裁が行われています。 調停の過程でInpexは合弁会社に2020年12月末までに資金全額返還を要求したがJKCは、このことを拒否しました。

今年1月にInpexはJGC、KBRとChiyodaに資金返済を要請しました。 しかし、会社は拒否しました。 Inpexは現在、日本で訴訟を提起しました。

合弁事業のパートナーの責任持分はJGC 40%、KBR 30%とChiyoda 30%です。

Ichthysプロジェクトは、建設期間中に数回の遅延とコストを大幅に爆発によって予想される340億ドルで450億ドル以上に開発コストが増加しました。

あなたのために推薦された

Santos、36億ドルBarossa LNGプロジェクトの承認

READ  阪神逆転大25号ゴール - auone.jp

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close