INRAE、京都で開かれた社会科学技術フォーラムで日本内のパートナーシップを強化

1 min read

第20次科学技術年次グローバル会議

社会科学技術(STS)フォーラムの第20回年次会議は、2023年10月1日から3日まで日本の京都で科学の世界をもたらしました。 2004年に設立された年次STSフォーラムは、研究者とグローバルリーダーが集まり、現在の世界問題を議論します。 科学と技術から。

Philippe MauguinとJean-François Soussanaは、フォーラムに参加し、気候変動と食料と水の安全保障という文脈で、農食品システムの移行に関する主な問題についての見解を議論しました。

ジャン・フランソワ スサナ 気候変動に関するセッションで講演しました。: 「気候変動とそれに起因する水​​不足に対する農業の回復力を開発することが緊急です。 統合的な対応のためには、農食品システムと毀損された生態系への土壌の回復に大きな変化が必要です。

Philippe Mauguinは、第12次研究所リーダーのグローバルサミットにも参加しました。 そこで彼は、RIKENとカナダ国立研究委員会が共同主催したパネルで、この破壊的な新技術が研究利害関係者に提起する課題について、農業で生成された人工知能のリスクと機会を強調しました。

「食料安全保障、気候変動、生物多様性の問題に直面しているため、国際研究は農業学、植物の健康、遺伝学、デジタル技術を活用し、成功した農生態学への移行を必要としています。 生成された人工知能は、さまざまな知識分野と大規模なデータセットを予測モデルに組み合わせることができます。 しかし、国際科学界が公にアクセスし管理する「科学GPT」に進むためには、データ品質が保証され、アルゴリズムがより透明で開放的に作られなければならない。

ラボリーダーのグローバルサミットに出席したフィリップ・マウギン

ラボリーダーのグローバルサミット

INRAE-NAROパートナーシップは、グローバルな食料安全保障問題を解決するために、ロボット工学と植物表現型分析に切り替えます。

STSフォーラムとは別に、INRAE会長と日本国立農業食品研究機構(NARO)間の量子会議が開催され、今後の研究協定について議論しました。

ある合意では、ロボット工学分野の国際連合研究所(IAL)建設を検討しています。 もう一つの条約は、食料安全保障と炭素中立に貢献するために、植物遺伝学的資源と高度な表現型技術に関する国際研究ネットワーク(2RI)であるRhizoNetを設立することです。

RhizoNet国際研究ネットワーク

RhizoNetは、INRAE農業生態系、植物生物学および育種(BAP)部門、NARO、オラ​​ンダ、ドイツの学術パートナー研究の分野で学問を活用します。 高いレベルの科学的協力である。 ~中 根系表現型解析と植物育種の分野でかなりの進歩を遂げた研究機関です。

ネットワークの基本的な前提は、気候変動に適応し緩和する戦略を含む将来の農業戦略が、根系の形態的、生理学的特性、可塑性および根系を制御するプロセスの遺伝的構成を考慮する必要があることです。 将来の戦略は、極端な状況で資源の回収を改善し、土壌の炭素貯蔵を増やすと同時に、世界中の食料安全保障のニーズを満たすでしょう。

INRAEとNARO間のJoint Linkage Call契約は、プロジェクトファイナンスを通じて継続的な研究協力が可能になり、RhizoNetの発展に大きく貢献しました。 ネットワークの究極の目標は、気候変動適応を開発するためにスループットの高い植物表現型を使用して、植物の根系と植物育種を調べる低炭素農業のための将来の共同研究プログラムの基盤を確立することです。

INRAEとNAROは長年協力してきました。両組織は2020年に科学的モビリティプログラムのための共同接続要求契約を締結しました。 彼らは、生物学的方法の使用を研究するために、2023年に設立されたPISI-Net 2RIを共同で調整します。 害虫から守ってください。 PISI-Netには、フランス国立科学研究センター(CNRS)の4つのINRAE研究所と2つの研究所、NARO、富山大学、京都県立大学、佐賀大学の日本の5つの研究所が統合されています。 ネットワークは、ベクター媒介植物病原体制御、共生体を用いた農業害虫駆除など、いくつかの共同研究プロジェクトを促進した。

INRAE CEO Philippe MauguinとNARO会長のKYUMA Kazuo博士

INRAE-NARO協力の詳細

ダイナミックで成功した協力経験を強調

今回の訪問はまた、NARO、東京大学、筑波大学の参加者が一堂に会した駐日本フランス大使館が主催した科学ワークショップを通じて、INRAE代表団が日本国内の研究パートナーに会う機会でもありました。 ワークショップで発表されたプロジェクトの1つは、2019年にボルドー大学で始まったINRAEと筑波大学の間で変化する環境でのフルーツ品質(FREQUENCE)LIAでした。 LIAを使用すると、学生は教育に参加するINRAE研究者と共同で発行する国際修士号を取得できます。

駐日本フランス大使館科学ワークショップ

日本研究コミュニティとの新たな協力機会

日本の基礎および応用科学研究機関の一つである理化学研究所(RIKEN)、東京大学とともに日本最高の大学の一つである京都大学など、日本の多くの主要機関と会議が開催されました。 この会議は、今後のフレームワーク合意と共有研究分野の協力強化のための基盤を設けます。

研究員大島一生とともにRIKEN昆虫学研究室を訪問

READ  ヘビとトカゲの起源についての手がかりを提供する興味深い爬虫類の化石
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours