Tech

Intel、Tiger LakeこのノートPC用「11世代Coreプロセッサ」を発表した。新CPUコアと新GPU搭載で性能向上

北米時間2020年9月2日、Intelは自分開催のオンラインイベントでコード名「Tiger Lake」としたノートPC用11世代Coreプロセッサ正式に発表した。 11世代Coreプロセッサー搭載ノートPCは、2020年の年末商戦にPCメーカー各社から登場する予定だ。

11世代Coreプロセッサは、従来の同社製10nmプロセスを改善した「10nm SuperFin」を利用して製造するSoC(システム– の上に– よりたくさんの –Chip)新しい「Willow Cove “マイクロアーキテクチャのCPUコアを最大4基の開発中の単一GPU’Xイジャヒョン」の低消費電力版の統合グラフィックス機能(統合GPU) “Iris Xイジャヒョン Graphics “(アイリスXの李グラフィック)を採用しており、従来のノートPC用10世代Coreプロセッサである「アイスレイク「(開発コード名)よりも高いクロックでの動作を可能にし、CPUとGPUの両方を高い性能を発揮することができているのが特徴である。

Ice Lake世代に比べてCPU性能は20%の増加、統合GPU性能は2倍、AIの性能は5倍に増加したという
画像(003)Intel、Tiger LakeこのノートPC用

画像(008)Intel、Tiger LakeこのノートPC用

ゲームの目的は、Iris Xイジャヒョン Graphicsの高性能Intelはアピールしており、AMDの “Ryzen 7 4800U「が備える統合GPUとNVIDIAのノートPC用のシングルGPU「GeForce MX350」とIce Lake組み合わせよりも、実際のゲームでは、高フレームレートを実現できるという。

統合GPUの性能向上にAMDやNVIDIAの競争よりも高いフレームレートでゲームを楽しむことができるとアピール
画像(005)Intel、Tiger LakeこのノートPC用

そのほかに、高速I / Oインタフェース規格「Thunderbolt 4「や高速無線LAN規格「Wi-Fi 6」の機能を統合している。

CPUコア側にThunderbolt 4きたパッケージチップセット側にWi-Fi 6の機能を統合。 また、PCI Express 4.0に対応するほか、新しいメモリコントローラも備えている
画像(004)Intel、Tiger LakeこのノートPC用

今回発表になった第11世代Coreプロセッサのラインアップは以下の通りである。 対応する電力の範囲に基づいて12〜28W製品5種類と7〜15W製品の4種類がラインナップされている。

●12〜28WのCPU

  • コアi7-1185G7:4コア8スレッド、ベースクロック3GHzシングルコア、最大クロック4.8GHz、全体のコア最大クロック4.3GHz共有L3キャッシュ容量12MB統合GPU アイリス Xのイジャヒョン 試合phics統合GPU EUでき、96個、統合GPU最大クロック1.35GHz、DDR4-3200とLPDDR4X-4266対応
  • コアi7-1165G7:4コア8スレッド、基本クロック2.8GHzのシングルコア、最大クロック4.7GHz、全体のコア最大クロック4.1GHz共有L3キャッシュ容量12MB統合GPU アイリス Xのイジャヒョン 試合phics統合GPU EUでき、96個、統合GPU最大クロック1.3GHz、DDR4-3200とLPDDR4X-4266対応
  • コアi5-1135G7:4コア8スレッド、基本クロック2.4GHzのシングルコア、最大クロック4.2GHz、全体のコア最大クロック3.8GHz共有L3キャッシュ容量8MB統合GPU アイリス Xのイジャヒョン 試合phics統合GPU EU数80個、統合GPU最大クロック1.3GHz、DDR4-3200とLPDDR4X-4266対応
  • コアi3-1125G4:4コア8スレッド、ベースクロック2GHzのシングルコア、最大クロック3.7GHz、全体のコア最大クロック3.3GHz共有L3キャッシュ容量8MB統合GPU インテル UHD 試合phics統合GPU EU数48個、統合GPU最大クロック1.25GHz、DDR4-3200とLPDDR4X-3733対応
  • コアi3-1115G4:2コア4スレッド、ベースクロック3GHzシングルコア、最大クロック4.1GHz、全体のコア最大クロック4.1GHz共有L3キャッシュ容量6MB統合GPU インテル UHD 試合phics統合GPU EU数48個、統合GPU最大クロック1.25GHz、DDR4-3200とLPDDR4X-3733対応

●7〜15WのCPU

  • コアi7-1160G7:4コア8スレッド、基本クロック1.2GHzのシングルコア、最大クロック4.4GHz、全体のコア最大クロック3.6GHz共有L3キャッシュ容量12MB統合GPU アイリス Xのイジャヒョン 試合phics統合GPU EUでき、96個、統合GPU最大クロック1.1GHz、LPDDR4X-4266対応
  • コアi5-1130G7:4コア8スレッド、基本クロック1.1GHzのシングルコア、最大クロック4GHz全体のコア最大クロック3.4GHz共有L3キャッシュ容量8MB統合GPU アイリス Xのイジャヒョン 試合phics統合GPU EU数80個、統合GPU最大クロック1.1GHz、LPDDR4X-4266対応
  • コアi3-1120G4:4コア8スレッド、基本クロック1.1GHzのシングルコア、最大クロック3.5GHz、全体のコア最大クロック3GHz共有L3キャッシュ容量8MB統合GPU インテル UHD 試合phics統合GPU EU数48個、統合GPU最大クロック1.1GHz、LPDDR4X-4266対応
  • コアi3-1110G4:2コア4スレッド、基本クロック1.8GHzのシングルコア、最大クロック3.9GHz、全体のコア最大クロック3.9GHz共有L3キャッシュ容量6MB統合GPU インテル UHD 試合phics統合GPU EU数48個、統合GPU最大クロック1.1GHz、LPDDR4X-4266対応

そのほかにもIntelは、これまで “プロジェクトアテナ」と呼んで新世代の薄型軽量ノートPCの規格に再び “Intel Evoプラットフォーム「(インテルイボプラットフォーム)ブランドを冠した配布することも発表している。

Intel Evo Platformバッジ。 左がCore i7、右はCore i5のある
画像(006)Intel、Tiger LakeこのノートPC用 画像(007)Intel、Tiger LakeこのノートPC用

READ  最初は、Lenovoなど外資系コンピュータブランドが上位3位までを独占〜第2四半期は、在宅勤務とGIGAスクールの需要に支えられ、 - PC Watch

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close