技術

Intel Rocket Lake-SデスクトップゲーミングCPUが発売されました。

今週のインテルは、コード名Rocket Lake-Sの11世代SシリーズのデスクトップCPUを発表しました。 高いクロック速度とパフォーマンスに最適化されたゲーム指向のプロセッサであり、i5-11400Tから19-11900Kまで19つのSKUで提供されます。

インテルをベースにした新しいチップ Cypress Cove アーキテクチャは、クロックサイクル当たりの命令が最大19%増加すると主張しています。 これはAMDがZen 2とZen 3アーキテクチャとの間のgen-on-gen IPCの向上に主張したのと同じ数であるため、非常に身近な数値です。 近い将来には、クレームの「最大」ヘッジがいかに重要である決定するために、いくつかの実習ベンチマークを実行することです。

その中に、Intelが主張する「最大19%IPC “と”最大50%iGPU “性能について慎重に楽観的です。 いつものように、インテルが次世代プロセッサの表示は本当に大きな数は、汎用CPUの性能とは別に関連がなくAVX-512に最適化されたワークロードを見つけるために直接接続されています。 しかし、19%はAVX-512と関連がなく、クロック速度が低くなったりTDPが高い代価を払わなかった。

インテルは、新しいZ590マザーボードチップセットもリリースしています。 Z590に構築されたボードは、20個のPCI Express 4.0レーン、USB 3.2 Gen 2×2 20Gbpsポート、Thunderbolt 4および改良された直接メモリ・インタフェースを提供します。 新しいボードは、10世代のプロセッサもサポートだが、以前のCPUはPCIe 4.0をサポートしていないため、新しいZ590ボードがこれのロックを解除することを期待しないでください。

Rocket Lake-S CPUはH410またはB460ボードと互換性がなくZ490との互換性は 不確実 せいぜい。 Rocket Lake-S CPUをしたい場合は、新しいZ590ボードを使用することをお勧めします。

インテルのもう一つのお馴染みの話では、新世代の放棄することは、コアの数です。 たとえコアi9レベルでのみ可能です。 i9-10900Kは最大シングルコアブーストが5.3GHzである10コア125W TDP部品でした。 i9-11900KはTDPと周波数と一致しますが、8コアで低下します。 Core i7とCore i5 CPUはそれぞれ8c / 16tと6c / 12tに維持されます。

Arsは新しいZ590チップセットベースのマザーボードとi9-11900Kとi5-11600Kプロセッサの製品サンプルを保持しています。 当然、今月末に実際のベンチマーク結果を提供しています。

Intelのリスト画像

READ  「アルゴリズムとは何か?」を専門家が分かりやすく解説 - GIGAZINE

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close