エンターテインメント

Inter+Playシーズン2 – お知らせ

アーティスト: Tomás Saraceno, Suzuki Yasuhiro,[mé]行動問題トリオ

インター+プレイ は、主要道路であるKanchogai Avenueに沿って都市全体に芸術を広める市次元の計画であるArts Towadaの10周年を記念するため、Towada Art Centerで進行中の3部作展です。 セカンドシーズンは2021年10月1日から2022年1月10日まで開催され、センターの永久コレクションの一部である幻想的なアーティスト、Tomás Saracenoが出演します。 訪問者は、地上、大気、宇宙の領域との新しい関係を通じて、環境定義と種間の同居を必要とするアーティストのオープンソースコミュニティプロジェクトであるAeroceneとAraknophiliaのフローティングで相互接続された世界に招待されます。 サラセノの国際的および学際的な慣行は、環境に住み、感知する支配的な方法に挑戦し、破壊的な習慣と予属された形態の知識に直面して芸術的生産の場所を継続的に再定義します。 作家の個展は、センターのギャラリー空間全体を埋め、日本博物館で開かれた彼の作品の中で最大の展示物になります。

女性とクモの境界空間に存在する日本神話の妖怪であるゾログモは、サラセノの展示を案内する役割を果たします。 作家の新作3編のうち2編に登場 クモの巣カード、Jorōgumoは種の境界をあいまいにし、偽装的、家父長的、植民地的権力構造に挑戦し、Capitaloceneの均質化衝動を転覆し、転覆させる代替形態の世界を祝い、空間を開く過激な相互接続性の平面に調整するように招待します。 種間認識のため。 認知システムの拡張であるクモの巣は、振動を介してより大きな世界とコミュニケーションをとり、私たちの脳の神経地図のような糸に沿って意識をマッピングします。 Arachnomancy デッキを構成する 33 枚のカードは、これらの拡張認識を活用して仲裁ツールに変換します。 今回の展示のために特別に制作された第三アラクノマンシーカードの信託は、 Argyroneta Aquatica japonica, 水クモの日本亜種 アルギロネータアクアティカ、 サラセノの短編映画に登場する 空気の海の底に住む、十和田アートセンターでも展示中です。 このクモのユニークな行動は、新しい環境に適応するために生き方を変える特定の種の能力を示し、次の質問を投げます。 資本税の破壊的な論理は、気候変動、動物原性感染症、および一部による種の絶滅に対応して変更される可能性がありますか? 人間?

大流行は、私たちが共有しているが平等ではないように経験した脆弱性と呼吸に固有の暴露をよりよく認識させました。 今日空中に浮かぶものは何ですか? 私たちは何を呼吸していますか? そして、誰が息をする可能性はありますか? 今日、悪い空気質は年間870万人の巨大な人々を殺し、これは同じ期間に感染症が発生したよりも3倍多いです。 微粉塵は空気中に浮いており、その多くは人間の化石燃料消費の副産物です。 展示会のメインルームであるAerographiesでは、サラセノは国境と化石燃料のない未来を想像することで、環境問題への一般的なアプローチに挑戦しています。 NS エアロセンバックパック、 太陽と空気だけを使用して浮かび、常に集団的で開放的な建設プロセスを通じて進化しているエアロソーラ彫刻を含むポータブルフライトスターターキットは、中心ステージを占め、私たちが地球と一緒に移動する現在の方法を再考するように促します。 エアロセン、私たち全員が暮らし、息づく時代。

展示会全体にわたって、トマス・サラセノのクモや大気とのコラボレーションは、超越の瞬間を提供し、一部の人々が世界を組織する世界的な関係を転覆させる知恵の形を祝い、トワダアートセンターに現れる共存のネットに再調整しますに招待します。 。

鈴木康弘の量子りんごと芸術集団 [mé]のシーズン1空間が展示され続けており、展示期間中、問題行動トリオの公演も予定されている。

READ  ハロウィーン "渋谷に来ること自制を」区長が異例訴え| 新型コロナウイルス| NHKニュース

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close