エンターテインメント

IOCバッハガバナー、来月来日とオリンピックの聖火リレー予定

トーマス・バッハ国際オリンピック委員会(IOC)会長は、2020年に東京オリンピックの聖火リレーに参加して菅義偉首相に会うために、5月に日本を訪問する予定である。

日本の販売代理店 Kyodo News バッハが5月17日、広島で開催される聖火リレー行事に参加するだろうと報じた。

バッハは翌日シュガーを満たすことが分かった。

バッハとシュガーは、日本と他の場所でコロナウイルスの事例が増加すると、オリンピックがキャンセルされることが推測にもかかわらず、オリンピックが行われるだろうと断固として維持した。

今回の旅行は、バッハが11月以降初めて日本を訪問したものであり、2020年から2021年までのオリンピックが延期された後、第二の訪問となります。

バッハがオリンピックの聖火リレーに参加することが期待されている広島は、第二次世界大戦中に原子爆弾に当たった。

広島原爆ドームは、聖火リレーのルートの世界遺産の一つです。

バッハは過去に広島を含むオリンピックの聖火の訪問地がどのように「平和のメッセージ」を伝えることができるかについて話しました。

オリンピックの聖火リレーが順調に進行中でオリンピックが100も満たない残った時©Getty Images
オリンピックの聖火リレーが順調に進行中でオリンピックが100も満たない残った時©Getty Images

IOC会長はまた、橋本セイコー東京2020組織委員会委員長と小池百合子東京支社との訪問で会談を持つことが期待されます。

東京2020のスポークスマンは、「我々は、バッハの大統領の日本訪問の意思を知っており、そのような訪問を歓迎する」と述べた。 内部のゲーム

「しかし、具体的な決定はありません。」

内部のゲーム フィードバックのためにIOCに連絡しました。

伝染病が原因で2020東京オリンピックはCOVID-19対応策を用意して、外国人の観客の参加が禁止された状態で保持されます。

オリンピックが始まる3ヶ月が少し越える前に、東京はCOVID-19事件の急増を抑制するために与えた緊急事態に直面している10個の県の一つです。

オリンピック開会式は7月23日に行われる予定です。

しかし、与党自由民主党の2次司令官二階堂俊弘(Toshihiro Nikai)は今週、日本のCOVID-19状況が悪化すると、キャンセルはオプションで残っていると認めた後、これらの発言を元に戻すと試みました。

READ  日本のスタジオジブリ美術館、コロナ19財政難の中でクラウドファンディングキャンペーンを開始

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close