エンターテインメント

IOCバッハ会長、2020年の東京オリンピックのために、7月12日、日本到着

国際オリンピック委員会(IOC)委員長であるThomas Bachが2020年11月17日、日本の東京で開かれる2020年のオリンピックとパラリンピックの競技場である国立競技場を訪問し、メディアに演説しています。 Behrouz Mehri / Pool via REUTERS

トーマス・バッハ国際オリンピック委員会委員長は、2020年の東京オリンピックの開会式を控え、7月12日、日本に到着する予定だ。

バッハが5月に日本を訪問する計画は、政府が発行した東京とコロナウイルス感染の拡散を防ぐための他の地域の緊急事態のために延期されました。

開幕式は7月23日に開かれる予定である。

IOC高位管理人John Coatesが発表した手紙の中で、Bachが7月12日に到着した後IOCは東京で「全体のゲームの時間調整」に移動されます。

選手、スポンサーおよびその他の利害関係者に伝達され、水曜日にIOCのウェブサイトに掲載された手紙によると、Coates自身が6月15日、日本に到着して、現場の準備を終える予定です。

IOCは水曜日東京2020オリンピック委員会およびその他のオルガナイザーと3日間の会議を開始しました。 開会の挨拶でバッハはこの夏のオリンピック開催の公約を繰り返しながら、主催者は「オリンピック配信に完全に集中した」と述べた。

しかし、コロナウイルス感染症が原因で1年延期されたグローバルなスポーツイベントは、遅いワクチン発売により、コロナウイルスの発生を誘発して、医療サービスの負担を与えることができるという懸念で日本の大衆の反発が大きくなっています。

支持を振って、主催者は、コロナウイルスの予防措置を講じ、オリンピックが安全に開催されることを国民に安心させるために努力しました。

主催者は、外国人のオリンピック代表団の一環として、日本に来る人々の数を半分に減らすために準備しているNHKの番組が木曜日に報道した。

NHKは、匿名の政府筋を引用して、約94,000人の人々がゲームのために日本に行くと予想されると述べた。

外国人の観客も日本で観戦が禁止される。 しかし、主催者側は、6月に決定が下されると言いながら、国内の観客会場入場許可するかどうかを確認していなかった。

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  防弾少年団、バックナンバーと協業して、新曲「Film Out」出演

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close