技術

iPad Air(2020)は、憎らしいほど「事故」がiPadの選択を難しくした(西田宗ちか) – Engadget日本版

IT機器の事故時は難しい。 率直に言って難しいので、情報を生業とする筆者のようなことが暮らす部分はあるのだが、消費者には面倒な話であることもまた事実である。

iPad Air(第4世代)は、非常に良い製品だと思いますが、タイミングの問題で、「良い製品ですが、他の機種の位置が気になってどのように選択すればいい」という質問の中間にあるように思う。

▲第4世代iPad Air。 色はスカイブルー。 Wi-Fi版である。

だから、実機を触ってつつ、その辺を考えてみた。

関連記事:

第4世代のiPad Air発表した。 A14 BionicチップとUSB-C搭載、Touch IDは上部のボタンに移動

Proとの違いは、「絶対にかなり異なっている」が、……という世界

デザインからわかるようにiPad Airは、「iPad Proと同じ世代」の設計がされている。筆者は、定期的にiPad Pro 12.9インチモデルを使用しているので、このデザインに非常に慣れている。見て、私はディスプレイもほとんど差は感じない。

▲Magic Keyboardをつけて撮影します。 このように見ると、iPad Pro 11インチとほとんど差がないように見える。

いや、実際にはきちんと差があるだろう。 それは何かというと、iPad Proは、画面が毎秒120フレーム描画する際にiPad Airは、60フレーム描画します。 スクロールさせると、「ああ、少し滑らかさが足りない」ということだ。 ただそれは、すでに筆者が贅沢な環境に慣れているからだろう。 同様に、ディスプレイ側の影響を受ける形で、Apple Pencil入力遅延もAirが少し大きくなる。 これも横に置いて使用すると、「ああちょと他のだ」と思って程度は違う。

しかしある。 色などの違いが感じられず、フレームレートに起因することも、「あればありがたいが……」というレベルである。 ProとAirの間に2万円近い価格差が、これは途方にくい。

実際のパフォーマンスは、Proが正常であるが、A14の優秀性は圧倒的

さらに、Airの方がいい部分もある。

例えば、プロセッサである。 次のベンチマークを見てみましょう。 CPUがシングルコアの性能では、iPad Proを超えGPU性能もかなり近づいている。 CPUとGPUのコア数は、Proが使用する「A12Z Bionic」とAirの「A14 Bionic」は異なるため、全体的に性能は、Proが上である。

ところが、使用していると、「あまり変わらない」印象を受ける。 というか、Airが十分に強力である。 いずれにせよ、高性能CPUコア二分GPUコア4分A12Z Bionic方が多いこれだけの差しか出ていないから。 GPUに至っては、コア数が倍Proを抜いている。

アイパッドエア
iPad Pro▲Geekbench 5によると、iPad AirとiPad Proのスペック比較。 Airメモリが4GBになっている。
アイパッドエア
iPad Pro▲CPUのベンチマークの結果。 マルチコアでは、Proを上回るが、シングルコアでAirが圧勝だ。
アイパッドエア
iPad Pro▲GPUベンチマークの結果。 なんと4つものコアの数が多く(8コア)Proは4コアAirが抜いた。 A14の優秀性を知ることができる。

ビデオ編集ソフト「Adobe Prmire Rush」で4K映像を4つまとめて1分にしたことをエクスポートするまでの時間も確認してみた。 結果はProが「約1分17秒」Airが “約1分26秒」であった。この差ならAirも良いと思いか。逆に言えば、A14世代iPad ProとApple Siliconマック(おそらくCPUコアGPUコアが強化されている)は、どのくらいの速さか……期待したくなる。

ちなみに、Airメインメモリの量4GB。 ベンチマーク値も「iPhone 12」とほぼ同じで、Rushのビデオの書き出し速度も同じだった。 そう考えると、「iPhone 12クイック」ということにもなるが。

指紋センサー搭載有利部分であるかもしれない。 顔認証であるFace IDは、マスクと大変……のは、皆さんもこの半年で十分体験したこと。 画面デザインも、電源ボタンが搭載されたTouch IDに最適化されている。

▲指紋センサーTouch IDは、電源ボタンに内蔵されている。

しかし、実際に使用すると、「あまりTouch IDがなくても大丈夫か」と思ったのも事実だ。タブレットは敷地内で利用することができ、多くのマスクを分離する場面も多い。また、外付けキーボードの「Magic Keyboard “をクリックすると、電源ボタンまでの距離が遠く、 “キーコードを入力してもいいか」と思ってしまうこともあった。ここら「顔認識、指紋の両方の場合良いだろう”しかし、一方と意外にニーズが満たされていません。

iPadを外部で使用する場面が多くの人はもちろん、Touch IDは福音だと思うが。

▲設定時と認証が必要な場合には、このように画面に表示が。

また、カメラProのが良い。 超広角カメラはやはり便利だ。 LiDARの搭載もARはプラスである。 iPhoneとは異なり、iPad ProのLiDARは写真撮影機能と連動見え、そこは残念ところだけど。 「iPadはそう写真は撮ら」「ARはまだ大丈夫」という人が要素は鳴らないのだ。 もちろん。

ただし、Magic Keyboard自体はProでもAirも付属するので、カメラの周囲が少し寂しくなっている。

▲上記のAir下がProは、カメラ部。 Magic Keyboardを入れると、カメラ部」ノッチ」で差がある。

むしろ目立つ「iPad」の安さ。 Airが利点であることは間違いないが……

現在のiPadのラインナップで見た場合も、標準的な「第8世代iPad」コスパが優れている。 人、前世代のデザインそのままなのに、3万ウォン台で購入することができ、より大きなものではない。

▲iPad Pro(11インチ)、iPad Air、iPad(第8世代)をAppleの比較ページに並べてみた。 機能的には、ProとAir加えるものだが、iPadの安さがずば抜けている。

そう考えると、iPad Airは、やはり性能と機能性重視の人向けだと思う​​。 先に述べたように、今Proとの違いは非常に小さい。 11インチモデル良ければ、正直Airを選択しなければなら筆者は考えている。 ただストレージが64GBのは果たして小さい。 128GBを飛ばし256GBというあたりアップルの値付けが本当に心憎い。 一方、Proストレージは必要かつ十分な128GBで同じものである。 ただし、Airを256GBモデルでもProは128GBモデルより安いので、そこは予算とのバランスである。

iPhoneでもそうだが、アップルは、ストレージのラインアップを「意図的にコントロール」することで、上位モデルと下位モデルのバランスをとって詩がある。 「これ、もうちょいストレージがあればいいのに」と思ったら、そのモデルが絶妙に用意されていない。

だから、最初に述べたように、「機種選択は難しい」という話になるだろう。

それでもAirが利点であるモデルであることは間違いないけど。 最高のパフォーマンスの「次期iPad Pro」は気になるが、明らかにかなり良い価格でされていることも見えているので、…


関連記事:

iPad Air 4世代実技動画+写真レビューの性能は、Pro以上、iPhone 12以上

新型iPad Air実機レビュー、万人受けする仕様iPadの新しい標準を(シノ淳也)

iPhone 12を凌駕するiPad Air 4thのA14 Bionic。 実際のアプリケーションでも良い結果に価格以上の実力(ホンダ正和)


READ  PS5のコントローラDualSense受信報告が海外で相次ぐ。 PCではDirectInputに認識、すぐに分解ユーザーも| AUTOMATON

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close