トップニュース

IPC局長、パラリンピックでウイルス警戒を促す

国際パラリンピック委員会委員長は、日本のコロナウイルスの事例が史上最高値を記録し、東京パラリンピックに関連するすべての人々に徹底した防疫措置をとることを促しました。 パラリンピックは8月24日から9月5日まで開催される予定である。

アンドリューパーソンズIPC会長は木曜日声明を通じて、日曜日に閉幕したオリンピックが安全開催されたのが励みと述べた。 彼は「パラリンピックを準備する私たちに自信を与えることができる」と述べた。

しかし、Parsonsはイベントに参加した人々に安住しないように警告しました。 彼は日本と東京の現在のケースの数を無視することができません。すべての人が警戒してプレイブックに説明されたすべての措置に従うことを促しました。

彼はこれがすべての利害関係者と日本人に安全パラリンピックを提供するために必要であると言いました。

Parsonsは月曜日に東京に到着する予定です。

東京パラリンピックには約160の国と地域から約4,400人の選手が参加すると予想されます。

READ  日本の学術会議の会長に任命拒否は違法の可能性と批判| 日本の学術会議| NHKニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close