IPEF大臣は、貿易に関する広範な合意に達していない。

1 min read

繁栄のためのインド太平洋経済フレームワークのパートナーは、月曜日の貿易に関する広範な合意に達していません。

日本、米国、インド、オーストラリアなどIPEF加盟国14カ国長官らがサンフランシスコで2日間会談を持つ。

会議には、西村康人日本経済産業賞と上川洋子外務相が出席した。

西村は記者たちに「私たちは貿易に関して完全な合意に到達できなかった」と話した。 しかし、私たちは多くの分野で進展を見たので、結果が得られたと思います。」

IPEF会員は、この地域で中国の影響力が大きくなることに対応するために、4つの経済分野で絆を強化したいと考えています。 彼らは5月、大臣が会ったときにサプライチェーンのセキュリティに関する交渉を概ね妥結しました。

関係者は、参加国が貿易手続きに関する情報をオンラインで公表し、通関書類を紙化する努力を含むいくつかの貿易トピックについての理解を確認したと述べた。

しかし、ポジティブな経済的効果が期待されるデータ流通規制については、長官たちが意見の差を狭めることができなかったという。 強制労働で生産された物品の輸入を禁止する問題についても意見が交錯した。

火曜日の会談では、残りの2つの分野に焦点を当てる予定です。
炭素中立のための投資促進を目指す「清浄経済」と反腐敗措置を含む「工程経済」がそれだ。

READ  ソフトバンク新料金は、最終的な後出しじゃんけんだ。 ahamo、基号、UQの前面対抗(シノ純也) - Engadget日本版
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours