技術

iPhone(12)が「ジョブズがいた頃のデザイン」に回帰した理由(ギズモ・ジャパン) – Yahoo! ニュース

可能性が1:5G対応のためのアンテナの感度優先

この可能性が高いと思います。 元アップルがソリッド面のデザインを採用したのは10年前、2010年のiPhone 4のが、iPhone 4の発表当時スティーブ・ジョブズは(事実2つに分割されている)ステンレスフレームのアンテナを兼ねているかどうかの説明。 この構造を採用した理由について、「受信感度が高いため」と言っていました。ところが、持ち方に応じて、受信感度が落ちてしまうという事実を発見し、「アンテナゲート」と呼ばれる問題に発展してしまいました。打開策として、フレームを囲む「バンパー」という純正ケースを無料配布する事態となったから失敗したデザインに記憶されている人も少なくないでしょう。ですが、Appleは次期モデルのiPhone 4Sで金属製のフレームを3つに分割し、アンテナを2本搭載してアンテナを駆使システムを搭載し、この問題を解決することで、(ジョブズ生前に)一度決着を示しました。しかし、この革新的なアンテナの設計は、ここ切り捨てられます。今回のアップルの発表ビデオを見る限り、iPhone 12はiPhone 4シリーズの複数と考えることができます。その根拠は、この分割されたアンテナ構造。どう見ても、その時代のiPhoneを上記ずにいられません。iPhone 5も側面ソリッドだったんじゃないか?それは違います。iPhone 5は、側面のデザインこそiPhone 4シリーズを踏襲しているようですが、実際には構造的には全く異なります。iPhone 4シリーズは、ステンレス製のフレームをディスプレイとガラスケースに入れているのに対し、iPhone 5シリーズは、アルミをベースにしたユニボディケースにディスプレイを載せる作成だったんです。ちなみに裏面上下ガラス部分は、アンテナの電波を通過させるためのものが知られています。そして、iPhone 6は側面が曲線ユニボディが採用されましたが、やはり裏の上下には、樹脂による線(通称Dライン)が入っており、これもアンテナの電波を通過させるための設計。このアンテナ線はiPhone 7以降も健在ですが、多くの目立たないようにしました。技術は、高度のですね。なぜiPhone 12で再びiPhone 4の構造を採用したのか?注目したいのは、今回のこの5G通信に最初の対応がされている機種とのこと。そして、5Gは減衰しやすく、障害物の影響を受けやすい電波とのこと。 したがってこのような弱い電波をキャッチのでそして3G、LTE、5Gなど複数の通信方式に対応するためには、「そのアンテナこそ最適である」と、アップルが判断したもののようなものがないでしょうか? なぜなら、この電波を検証する部屋のアンテナゲート時の解明に使用されたその部屋を考えていることができないことです。 5Gは、新しい技術に対応するためには、その伝説のデザインを発掘…! ロマンチックすぎますか? いや、楽しむこと勝ちます。 ちなみにiPad ProとiPad Airで最初にこのデザインが採用された理由は何かというと、iPhone、の5G対応、つまりこのiPhone 12を中心にラインナップのデザイン言語を統一するための戦略だったではないでしょうか。 なぜなら、iPhone、こそ現在アップルの主力製品であるからである。

READ  ポケモンGO、人海戦術で世界3Dデータ化開始します。 ARマップアイテムの補償 - Engadget日本版

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close