技術

iPhone 12の遅延がスマートフォン市場に打撃華先頭陥落(小久保重信) – 個人 – Yahoo! ニュース

今年4〜6四半期のスマートフォンの出荷台数で初めて世界1位を占めた中国の華為技術(Huawei社)が2位に墜落した。

米調査会社IDCが最近発表した報告書によると、Huawei社の7〜9月の出荷台数は、前年同期比22%減少し、会社で過去最大の下落だった。

米国政府の禁輸措置響く

 米国ウォールストリートジャーナル米政府が9月15日に強化された会社の禁輸措置が鳴ったと報じた。

制裁発動により、半導体などを供給する米国部品メーカーは、実質的にすべての米国商務省の許可を得ることができなくなった。 その後、Huawei社の最大の事業である消費者家電の生産が減少した。

また、中国国外の消費者は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う景気悪化の影響で製品を買い控えた。 米国政府の禁輸措置として、米国Googleの人気アプリケーションを搭載することができなくなったことも影響したと報道した。

小米アップル抜いて最初の3位

IDCによると、7〜9月期のスマートフォン出荷台数上位5社は1位から韓国サムスン電子、Huawei社、中国で小米(シャオ米)米アップル、中国vivo(秘宝)の順だった。

このうち、サムスンの出荷台数は、前年同期比2.9%増の8040万台。 シェアは22.7%で、2四半期ぶりに首位に立った。 この会社の最大の市場であるインドの出荷台数が約40%増加し、第二の主要な市場である米国でも好調だったという。

Huawei社の出荷台数は22%減の5190万台。 同社は主力の中国市場でも同15%以上減少し、海外市場も低迷した。

一方、小押す4650万台を出荷。 同42%増と大幅に増加して、初めてアップルを抜いて3位に浮上した。 同社は、中国のほか、インド市場でも好調。 インドでの生産能力は、新型コロナウイルス感染拡大前の85%まで回復した。

アップル、最初の4位低迷の原因は、「iPhone 12」遅延

アップルの出荷台数は同10.6%減の4160万台。 シェアは11.8%で、初めて4位に墜落した。 IDCは、その原因に高速通信規格「5G」に対応した新モデル「iPhone 12」の発売が遅れたことを挙げている。

7〜9月の業界全体のスマートフォン出荷台数は1.3%減の3億5360万台だった。 IDCは当初、新型コロナウイルス感染拡大の影響で分岐出荷量が前年同期比9%減少すると予想した。

しかし、世界経済の再開が行われて回復が予想より早かったします。

回復が早かった国は、インド、ブラジル、インドネシア、ロシア、ぞれぞれのスマートフォン市場規模は、世界第2位、4位、5位、6位。

一方、世界1位の中国と3位米国を含む北米、西欧などの先進国市場はいずれも大きく低下した。 これらアップルの主力市場。 iPhone 12の発売遅延が回復の遅れにつながったとIDCは分析している。

READ  未来技術遺産に選定されたミノルタ "α7000」一体何が「革新」だったのか:J-CASTニュース[전체보기]

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close