経済

iPhone 12を購入する? それともiPhone 13を待たなければなら?海外メディアのリーク情報から考える| Real Sound | リアルサウンドテック

AppleのiPhone 12シリーズは、外観デザインが大きく変革するだけでなく、機能面でも5Gが大きな目があり、価格も安い。 上位機種では、AR時代にありがたいLiDARスキャナーも搭載しているという。

iPhone 11が小さなアップグレードにとどまったのに対し、iPhone、12シリーズは、大きく進化した。 交換を検討する上で気になるのが、iPhoneの13の傾向である。 海外メディアの報道と照らし合わせながら、今年または来年にすべき考えてみよう。

iPhone13溝が縮小?

Twitterのアカウント「Ice universe」は「iPhone13ノッチデザインを続けているが、ノッチは短くなります」とツイートした。

最初はiPhoneの12シリーズで初めて大きく切り込みが縮小するという噂があったが、それは2021年に繰り越されたようだ。

iPhone13で、画面の上部の切り込みが小さくなるのであれば、デザインがあまり大きく変わらないと思われる2021年にアップグレードする理由の一つになると、「MacRumors」は伝えている(注:https://www.macrumors.com/2020/10/07/iphone-13-may-have-a-smaller-notch/)。

フォートレス化は急進的で議論?

このノッチの縮小について「iPhone 12は忘れる、iPhone13が待望のアップグレードをする」という見出しで、「Tom」s Guide」は報道している(注:https://www.tomsguide.com/news/forget-iphone-12-iphone-13-will-get-the-upgrade-you-really-want)。

iPhone13ノッチがないフルスクリーンのスマートフォンになるという噂がある。

ハイエンドAndroidスマートフォンは、ディスプレイの上部に小さな穴があり、iPhoneよりコンテンツのためのスペースが広くなっている。 しかし、iPhoneノッチはFace IDに使用される洗練されたTrueDepthカメラが搭載されていることも考慮したい。

以前に「Front Page Tech」のJon Prosser氏は、Appleがスピーカーを上部中央に移動本体上部のベゼルに配置して切り込みが縮小される可能性を示唆していたが、これはiPhone12代わりおそらくiPhone13計画である。

また、Appleは、iPhoneの全ポートレス化も進行していると言われるが、iPhone、13無線充電専用になる可能性がある。 これは、過去数年間で最も急進的であり、議論iPhoneのデザインを変更することがと、この媒体は指摘した。

READ  ★今日の[강추 결산]ワコム、TDKレーザーテック(10月30日) - 週乗車

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close