技術

iPhone 12シリーズに合わせてiPad Air・Apple Watchオーバーイヤーヘッドホン「AirPods Studio」が登場か

ハードウェア



新型コロナウイルス感染拡大の影響で世界的にスマートフォンの販売台数が減少しを見せる中、好調な成績を見せているAppleが2020年秋に発売予定の「iPhone 12」シリーズを7500万台規模で生産していることがわかった。この「iPhone 12」シリーズに合わせて新しいiPadやApple WatchそしてBeatsブランドを除いては、Appleの最初のオーバーイヤーヘッドホン「AirPods Studio」も登場する見込みです。

Apple、秋製品ブリッツのために7500万5G iPhoneを目指し-Bloomberg
https://www.bloomberg.com/news/articles/2020-09-01/apple-targets-75-million-5g-iphones-for-fall-product-blitz


Appleが7500万台のiPhoneを製造していると報道したのはBloomberg。 2020年後半に向けてサプライヤーに製造依頼を出しているということで、2020年の出荷量は8000万台を超える見通しだとのこと。

このiPhone 12シリーズは、「iPhone 12」「iPhone 12 Max」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」の4モデル展開される予定。イヤホンなどのアクセサリーは含まれていないと見ることができます。

iPhone 12アクセサリーなしで販売されますがiPhone 11より高額になる可能性 – GIGAZINE


また、「iPhone 12」シリーズに合わせてデザインがiPad ProにアクセスiPad Airと新しい2種類のApple Watchは、AppleのヘッドホンでBeatsブランド製品以外では初めてのオーバーイヤーヘッドフォン「AirPods Studio」が発表される予定とのこと。

Apple純正ヘッドホン「AirPods Studio」は、2020年後半に登場か – GIGAZINE


しかし、Appleの情報に定評のあるアナリストのミンチ郭氏は、伝染病の影響で5Gミリ波基地局の設置数が世界的に予想を下回ることから、端末の販売台数も落ちると予想します。

Kuo:mmWave 5G iPhoneの出荷台数は、2020-21年予想より低下することになります-MacRumors
https://www.macrumors.com/2020/09/01/kuo-mmwave-5g-iphone-shipments-weak-2-years/

この記事のタイトルとURLをコピー

READ  「マインクラフト」で「はいアイコン "ワールドに行くことができるか。 8ヶ月の調査の末AI技術と人海戦術を引き出した答え| AUTOMATON

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close