Tech

iPhone 12(仮称)は、7つのレンズ採用? でApple Watch廉価モデル登場? 最近まで、アップルの噂まとめ – Engadget日本版

Yuriko Nakao via Getty Images

いよいよアップルから9月16日午前2時〜(韓国時間)の特別なイベントが正式発表新製品の登場もカウントダウンに入りました。 「今の時間(Time Flies)」の言葉で新型Apple Watch総iPadも確実視されていますが、他に何が飛び出すか注目されます。

iPhone 12(仮称)は、7つのレンズ採用? でApple Watch廉価モデル登場? まで、最新のアップルの噂を伝えています。

watchSE

Engadget日本の

アップルが特別なイベントの発表を告知した直後、米国Bloombergがまさに新製品の予想を発表しています。

上記のように新型Apple WatchとiPadはほとんど確実。 前者については、「ハイエンドとローエンド」、すなわちSeries 5の後継機Series 6(仮称)とSeries 3をベースにした低価格モデルのこと。そして、後者は、Proのようなエッジ・トゥ・エッジ(ベゼルが狭く、画面占有率が高い)第第4世代iPad Airと言及しています。

そして、いくつかのではと推測されている「フラッグシップiPhone 12(仮称)のサプライズ発表もある」について完全に否定。 そこは、10月まで延期され、代わりApple WatchとiPadがイベントの主役になるということです。

ほか、「小さなHomePod」とし「最初のアップルブランドのオーバーイヤーヘッドフォン(いわゆるAirPods Studio)」にも言及。 しかし、「早ければ今年下半期発売のため」と16日の発表はない可能性を示唆しています。

これらのハードウェア新製品の予測についての有名なリカ(注目の未発表製品に関連した有力な情報を発信する人)のJon Prosserさんも概ね肯定。 16日のイベントには、iPhone 12いや、新型Apple WatchはSeries 4デザインされたSeries3(画面が大きくなった廉価モデル)と「Apple Watch Pro(Series 6)「二、iPadは第4世代Airと第8世代エントリーモデル登場言い

ところが、Bloombergの報道に戻ると、別のクールな機能は、 “iPhoneとiPad用のソフトウェアの次の更新は、今月中に発売される予定”、つまりiOS / iPadOS 14が9月中に来ると予想されること。 新型iPhone発表前にiOSメジャーアップデート伝達すれば異例の事態となるが、新型iPad発表のタイミングであれば、楽しみがありません。

ただしApple Watchの心電図アプリが日本でも医療機器の認証を取得膜。 16日のイベント終了直後watchOS 7が正式配信される可能性もあり、Series 4 / Series 5ユーザーはすぐに利益をあずかれるかもしれません。

iPhone12

9to5Mac

iPhone(12)が「昨年より数週間遅れ」は、Appleが公式に認めたもの。 では、複数のモデルのうちどちらが先にリリースされるのだろうか? この持っているか注目を集めています。

台湾のサプライチェーン情報に精通したDigiTimesは、第1段階では、6.1インチモデルが2つ、第2段階では、6.7インチと5.4インチの両方のモデルが登場するとの予測を発表しています。

今年のiPhone 12ラインナップの内訳は、比較的買いやすいエントリーモデルの画面サイズが5.4インチと6.1インチの高価なProモデルは6.1インチと6.7インチのになるとの見通しがほぼ定説となっています。 すなわち、上記の予測は、「まず、同じ大きさのエントリー&Proモデル発売後少なくとも項目と最大サイズのPro」と解釈します。

ほか主要メディアBloombergおなじみのリカJon Prosser氏は、すべてのエントリーモデル(5.4 6.1インチ)がProモデル(6.1および6.7)よりも先に出荷し、DigiTimes説とは見解を異にしているカッコウです。

また、Nikkei Asian Reviewは、他の3モデルは言及せず、まず6.1インチ有機ELディスプレイと背面カメラの2つのエントリーモデルから量産予定だと報道。 つまり、どのような理論でも「6.1インチの項目が最初にリリースされる可能性が高い」点では一致しています。 この記事は、2019年モデルの中で最も売れたiPhone 11の後継機という位置づけで生産注文の40%を占めるとされており、アップルが最優先するのも納得がいきます。

また、2019年末から噂があった忘れ物防止タグAirTag(仮称)は、すでに生産に入っていること。 アップルインサイダー情報として知られているアナリストMing-Chi Kuo氏は「年末までに数百万台の “の出荷を予想しており、そこから逆算すると、量産が佳境ているのが自然でしょう。

このAirTagは、iOS標準アプリ「検索」に密接に関連するものと予想されています。 一方、iOS 14で「検索」アプリケーションを他社に開放しながらも、厳しい条件が課されると報道されており、また、アップルを取り巻く独占禁止法違反の疑いの火種が増えるかもしれません。

アップルの音楽

Engadget日本の

アップルはApple Music、Apple TV +とApple Arcade(海外雑誌購読のApple News +も)など、複数のサブスクリプションサービスを展開しているが、それらを共同にした「Apple One “準備手がかりが発見されたというニュースです。

米国9to5GoogleはAndroid用のApple Music最新のベータで「Apple One(社内コードネーム「Aristotle “” “サブスクリプションのバンドル」という文字列を発見した。」Apple Musicのサブスクリプションは、Apple Oneに含まれます。両方のサブスクリプションの請求されるわけではない」とあって、Apple Music契約された人が追加料金なしでApple Oneに移行する可能性も予想されています。

まず、iPhone 12発売直線から「Apple One」が開始される見通しだと報じたBloombergによると、このサービスは、アップルが提供するさまざまなサービスの一部をまとめて割引する構造とのことです。

割引幅は月に2〜5ドルと大きなものではない、新しい「Seymour」というコードネームで仮想フィットネスサービスを準備中との噂に心惹かれる人も少なくないだろう。 運動器具としての側面もApple Watchと一緒に任天堂の「リング合うアドベンチャー」のようなブームを呼ぶかもしれません。

折りたたみ式

Engadget日本の

折りたたみiPhoneは何度も噂されながらも姿を見せる気配はありませんが、Appleが「未来iPhoneの可能性があるデバイス」に大量の縮小画面のサンプルをサムスンに注文したというニュースです。 さらに、「1年間限定で提供する見通しだ」と付け加えたされており、社内のプロトタイプを超え、製品化に向けて一歩踏み出した期待を持たせることです。

一方は、サムスンも招待Galaxy Fold発表直後、AppleとGoogleに縮小画面のサンプルを提供したと報道した。 有機ELディスプレイのサプライヤーとして、市場を広げたいサムスンと装置の先進性を維持し、アップルの意図が、最終的に急接近してきたのかもしれません。

しかし、折りたたみiPhoneの試作機は、「1枚の折り曲げられるディスプレイ」ではなく「ヒンジで2枚のパネルを握ったプロトタイプ “の噂が伝えられただけ。 アップル内部では「どの」ではなく「すべて」と並行して開発中であり、二つの方式を代表するGalaxy Z Fold2とマイクロソフトのSurface Duoの売上高を観察している可能性もあるでしょう。

プロモーション

Engadget日本の

最近のハイエンドのスマートフォンがカメラの性能を競う中で、iPhone、12シリーズもいよいよ7つのレンズが搭載されることで、サプライチェーンの情報です。 カメラの周囲では、Proモデル120fpsと240fpsで4K動画撮影が可能であるLiDARスキャナー(3Dセンサー)搭載でオートフォーカス性能が向上するとの噂もあったが、レンズ情報は非常にまれであった。

台湾のDigiTimesによると、今後のiPhone(おそらくiPhone 12)には、7つのレンズモジュール搭載が予想。 以前のモデルのiPhone 11シリーズまで最大6つのレンズであったため、さらにの静止画や動画の画質向上が期待できます。 なぜレンズが増加すると、画質アップの傾向があるか、元の文書を参照してください。

ハイエンド機器がなくても、4目のカメラが珍しくない中で、iPhone、12 Proモデルでも3目凍結の可能性を示す噂が続々と提供されています。 しかし、7つのレンズ採用になると、今年もiPhoneの撮影はさらなる進化を遂げ、さらにサードパーティのデバイスにも波及一大ムーブメントになるとも予想されます。

今年の初めにもロシアのエルミタージュ国立美術館iPhoneだけで5時間以上撮影した映像が公開されて大きな反響を呼びました。 iPhone 12シリーズでも素敵な映像が誕生することになるでしょう。

READ  [Hothot 리뷰]今日発売の最強ゲームスマートフォンASUS」ROG Phone 3」を検証〜おなじみの合体クーラーと特殊効果で遊び心いっぱいの - PC Watch

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close