経済

iPhone 12 miniのサイズとデザインを歴代iPhoneと比較してみた – GIGAZINE



初期のiPhoneと同様の直線的なデザインのiPhone 12シリーズであるが、その中でも2020年11月13日に登場したiPhoneの12のミニiPhoneの12同じカメラとチップを搭載した高性能スマートフォンでありながら顔ID搭載iPhoneの中に最小サイズ感も過去のiPhoneシリーズを連想させます。 今までのiPhoneシリーズに比べ、一体どのようサイズとデザインが変わっているかどうか気にしたため、歴代iPhoneと比較してみました。

iPhone 12とiPhone 12 mini – Apple(日本)
https://www.apple.com/jp/iphone-12/

これiPhone 4以降の歴代iPhone団体写真です。 1度に段が左からiPhone 4、iPhone 4s、iPhone 5、iPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6s、iPhone 7、iPhone 8から2段にあるのはすぐ上にあるiPhoneの大画面モデルで、左からiPhone 6 Plus 、iPhone 6s Plus、iPhone 7 Plus、iPhone 8 Plus。 3段はFaceIDが初めて登場したiPhone X以降のモデルであり、左からiPhone X、iPhone XR、iPhone 11、iPhone 12 mini。 赤iPhoneXR下に並んでいるのは、同時期に発表されたiPhone XSとiPhone XS Max。 紫iPhone11下に順番にiPhone 11 Pro、iPhone、11 Pro Max。 iPhone 12 miniの下に順番にiPhone 12、iPhoneの12プロiPhoneの12プロマックスこの結合します。 右下の離れ置かれているのは、左から、第1世代のiPhone SEと第2世代のiPhone SEです。


まずiPhone 12シリーズのサイズとデザインを比較します。左から右にiPhone 12 mini、iPhone、12、iPhone、12 Pro、iPhone、12 Pro Maxの順でGIGAZINEページを見たときに、このような感じ。 iPhone 12 Pro Maxが最も多くの情報を同時に表示することができます。


iPhone 12 Pro MaxとiPhone 12 Proの表面に金属のような光沢があり、より高級感のある仕上がりです。 また、iPhone 12とiPhone 12 miniには、デュアルカメラ、iPhone、12 Pro MaxとiPhone 12 Proは、トリプルカメラが搭載されています。また、iPhone 12 Pro MaxとiPhone 12 Proは、カメラの違いは前の記事で検討された。


上記のiPhone 12 mini、iPhone、12、iPhone、12 Pro、iPhone、12 Pro Maxの順に置くと、天面にはこんな感じ。 アンテナ線に加えて、何もせずに簡単です。


底はこんな感じ両方のステレオスピーカーとマイクの穴を見ると、iPhone 12 ProとiPhoneの12に比べてiPhone 12 miniは、両方の一つずつ少なく、iPhone 12 Pro Maxは、両方の一つずつ多い知ることができます。


左側のボタンの数と位置に差はありません。


右側面のボタンの数や配置、アンテナ線の位置も同じです。


また、iPhone 12 Pro Maxは、片手では、画面の端をタップすることが難しいが……


iPhone 12 miniはガッシリとつかんで、キーボードの端に十分指が届くので、手でも快適に文字入力することができました。


次の小型iPhoneで根強い人気を誇る1世代iPhone SE(左)とその後継モデルとして、最近登場した第2世代iPhoneSE(中間)、およびiPhone 12 mini(右)を比較してみてください。 それぞれGIGAZINEページを表示するときに、このような感じ。 iPhone 12 miniは、第2世代iPhone SEより小型であるが、上下まで画面が表示されているので、第2世代のiPhone SEより多くの情報を同時に表示することができます。 第1世代のiPhone SEに表示される情報は少ない。


裏面はこんな感じ。 iPhone 12 miniと第2世代のiPhone SEはガラスコーティングがされています。 また、第1世代のiPhone SEはモデルと各種認証マークが記録されていますが、iPhone 12 miniと第2世代iPhone SEの裏面には、カメラと、Appleロゴがあるだけで簡単です。


第1世代のiPhone SE 2世代iPhone SE、iPhone 12 miniとなってカメラが巨大化して、iPhone 12 miniは、レンズが2つ搭載されています。 また、第1世代のiPhone SEカメラ本体から突出していないので、裏面を下に置いてもグラグラしません。


上記のiPhone 12 mini第2世代iPhone SE 1世代iPhone SE順に重ねて上部を見ると、こんな感じ。 iPhone 12 miniと第2世代iPhone SEの上部には、何もありませんが、第1世代iPhone SEには、ロックボタンがあります。


底はこんな感じ。 スピーカーの穴の形状が異なります。コネクタは、すべてのLightningで第1世代のiPhone SEはiPhoneの7で搭載されていないようにイヤホンジャックがあります。


左側面には、音量調節ボタンと音声オン・オフボタンがあります。 第1世代のiPhone SEの音量調節ボタンは、「+」と「 – 」が書かれていますが、iPhone 12 miniと第2世代のiPhone SEに記録されておらず、簡単です。 また、少し見えますが、iPhoneの12 miniの左側面には、SIMカードスロットが装備されています。 また、第2世代のiPhone SEはサイドがスムーズに曲がっていますが、iPhoneの12 miniと第1世代のiPhone SEは長方形のデザインです。


iPhone 12 miniの右側面にはサイドボタンしかありませんが、第2世代のiPhone SEは、SIMカードスロットがあります。 また、第1世代のiPhone SEロックボタンは上部にあるため、右側面には、SIMカードスロットしかありません。 また、第1世代のiPhone SEと第2世代のiPhone SEアンテナ線は白で目立ちますが、iPhone 12 miniアンテナ線は、本体と同系色であまり目立ちません。


第1世代のiPhone SEを使ってみるとこんな感じ。 最近大きなスマートフォンに慣れてかなり窮屈に感じます。


iPhone 12 miniは、第2世代iPhone SEよりも小さく、片手で簡単に操作することができる大きさながら、より大画面のディスプレイを搭載し、他のiPhone 12シリーズなどの高性能チップを搭載しているので、「そろそろスマートフォンを交換したいが、最近のスマートフォンは、適当な大きさがない……」という人にお勧めすることができる良好な外観を持っているスマートフォンです。

iPhone 12 miniは64GBモデルが税金7万4800円、128GBモデルが税金7万9800円、256GBモデルが税金9万800円です。

この記事のタイトルとURLをコピー

READ  イーロン・マスク氏創業のNeuralinkが開発した脳手術ロボットの詳細| TechCrunch Japan

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close