経済

iPhone 12 miniは高性能を小さなボディに凝縮した「購入」モデルが、弱点は知っておいた方がいい:製品レヴュー| WIRED.jp

小さなスマートフォンは、一般的にすることができ、悪い存在になってきた。 性能面で劣る小型モデルは大画面など必要ない特異な考えを持つ人々のことで、優れたスマートフォンなどにふさわしくない──という道理である。

こうした中、ソニーが2014年に「Xperia Z1 Compact」を投入して「常識」を破ったのは印象的だった。 大型ヴァージョンのような性能でありながら、画面だけ小さくなり、小型モデルを探している人が対価を支払わざるを得ない、と言ったこともなかったのだ。

アップルは「iPhone 12 mini」は、この賞賛に値する戦略を振り返っている。内容は、標準モデル「iPhone 12」のようなでありながら有機ELディスプレイに6.1インチではなく、5.4インチの「Super Retina XDR」を採用している。

発表会の時iPhone 12 miniはサプライズのような存在として登場したが、小さなiPhone 12でありながら、 “敗者”ではないことは明らかである。 小型化された完全なiPhoneである。 その内容を見てみましょう。

iPhone SEよりも小さい画面が大きい

いったい誰のためのモデルであることを──。 この質問を、アップルに提出してもクパチーノで明確な答えは帰ってこないだろう。 いずれにしても、その答えを明らかにしたくないだろう。 個人的な答えを導き出すと、「まともなiPhoneを持っているが、巨大化していく画面を操作する際に指が痙攣してしまうことに疲れている人」のための製品だと思えている。

他にも新型「iPhone SE」歓喜したが、ホームボタンと画面上下の厚いベゼル(画面枠)に不満が同じ人にも推薦される。iPhone 12 mini(日本では税別74,800円)は、そのようなナンセンス代理は存在しない。さらに、本体の大きさがiPhone SEより小さいのに、画面サイズは0.7インチ大きくなっている。

また、ヘビーユーザーでなくても、指が短い人にも適している。 この点については、後で詳しく説明しましょう。

Appleの写真

小型化されたのが長所

一見すると、良い感じのスマートフォンです。 iPhone 12シリーズの中で個人的にも見た目は一番好きだと言っていいだろう。 iPhone 12シリーズのデザイン変更は、「iPhone 4」と「iPhone 5」を連想させるものでしたが、その中でもiPhone 12 miniは、iPhone 4のの大きさにきつく接近したことで、変化がより明らかになった。 非常に良いことだ。

さらに、サイズが小さくなったことで、エッジ部分の平面がより優れてい感じられる。 その理由は、iPhone 12 miniのほうが圧倒的に持ちやすいからかもしれない。 他のiPhone 12シリーズと同じ「セラミックシールド」というガラス(セラミック結晶薄膜をコーティングしたもので、正式には、ガラスと呼ばない)を採用しており、落下性能が4倍に増加している点も落としやすい小型のスマートフォンでプラスである(アップルが主張の根拠を提供していないだろうが)。

小型化された5.4インチのディスプレイは、他のiPhone 12シリーズよりも画面の上部のノッチ(切り込み)を取り除くと言う主張の正当性を強調している。 決して干渉しないが、標準的なモデルのiPhone 12と「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」より目立つものになっている。

無線充電の「MagSafe」に対応したアップル純正とサードパーティ製のアクセサリーが小さくなったiPhone 12 miniにどのように対応するかも興味深い。アップルの「MagSafe充電器」は、裏面の大部分を覆ってしまう。 これは良いのか悪いのか、あるいは何の影響もないが、まだ知らない。 しかし、磁石を付けて処理されると、現行モデルのiPhoneとして最軽量となる133gという軽さがどの程度有利になるのではないだろうか。

iPhoneの12のミニ

Appleの写真

高性能のままサイズのみ小さく

iPhone 12 miniは通っていてうれしくなる端末である。 その理由は、持ち歩くことを意識する必要がない点が大きい。 iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Maxに切り替えてみると、自分がスマートフォンを持ち歩くことを明確に認識するようになる。

これらのProシリーズより標準モデルのiPhone 12の方を好きな理由の一つは、明確に分かるその軽さにあった。 もちろん軽さでiPhone 12 miniの評価はさらに高い。

使い始めてすぐ、iPhone、12 miniの性能の高さも知っている。 iPhone 12 miniもグァンガクワ超広角カメラが搭載されており、「Dolby Vision」対応のHDRヴィデオ撮影、防水機能(水深6mで最大30分)、顔認証の「Face ID “次世代通信規格の5Gなどをサポートしてている。

そして、おそらく何よりも重要なことだが、サイズが大きい他のiPhone 12シリーズと同様の高速高性能プロセッサ「A14 Bionic」を搭載している。このため、性能も同じである。一方、iPhone 12 miniでもディスプレイのリフレッシュレートは60Hzにとどまり、残念ながら、画面のスクロールはほとんど半々とすることができない。

iPhoneの12のミニ

Appleの写真

画面が小さい欠点

小型化により変化した点もある。 iPhone 12 miniのスクリーンを小型化したことで、画面表示が2,340×1,080ピクセルに縮小している。 その理由について、アップルに問い合わせてみたが、答えはなかった。

ディスプレイが小さくなって、画面サイズがそのままであれば、理論的には、「スケーリングアーティファクト」という現象が起こることができる。つまり、ぼやけてしまうことである。しかし、画面サイズと476ppiというiPhoneの最高の解像度を考えると、もしこのような現象が起きても違いをと言うことは難しいと考えられる。有名な人は挑戦してみたい。

5Gの利用に関しては、設定で「5G自動」を選択しておけば、端末側で明らかに5Gに切り替えメリットがあると判断した場合にのみ、5Gに転換することになる。これは、5G通信がより多くの電力を消費するからである。この点については、以下に詳細に説明する。

また、小さな画面で入力はなかなか難しかった。 個人的には指が太いこともあって、スペルがさらに悪化したものである(普段ひどく、多くの人々はそのようなものであるはずがないと思っていたようだ)。

ところが興味深いことに、おかげでiPhone 12 miniで音声入力を以前より多くに音声入力が良くなった。 音声認識機能が更新されるたびに、目に見えて向上したこともあり、iPhone、12 miniを使用していない場合でも、音声入力は使っていくつもりです。

最大の強みは?

最後に、最大の強みは何か。 「明らかにサイズが小さいだろう」と言うかもしれない。 それ正しいだろう。 しかし、個人的に言わせてもらう、iPhone、12 miniの目とは異なるiPhone 12シリーズに比べ、ほぼ損なうことなく、このサイズの選択をユーザーに提供した点にあると考えている。

この小さなiPhoneはフラッグシップモデルと同じ性能を発揮する。 なぜならこれは、フラッグシップモデルであるからである。 小型iPhoneを要請した人であれば、とにかく無駄なことを感じるのではないだろう。 もちろん価格はiPhone SEより300ポンド(日本では約3万円)高いが、それはiPhone SEより圧倒的に優れているからである。

弱点はバッテリー

iPhone 12 miniの欠点は、バッテリー持って行動である。 先ほどほとんど妥協がないと書いたが、バッテリーは確かにその妥協の一つである。 iPhone 12 miniは明らかにバッテリーの気持ちが悪い。

だからといってアップルを非難などができない。 面積が小さいため、物理的なスペースが限られており、最近ではバッテリー関連技術に大きな進展がされなかったのだ。 結果的にライトユーザーではない場合、普通に使用しても、一日が終わるまで充電する必要が生じる。

これは主要な機能の一つである5G大きな問題でもある。 試しに、今回のテスト時の設定を「5Gオート」ではなく、常に5Gに接続する「5G On」に切り替えました。すると、必死に5Gの電波を探し続けるまれ発見する状態が繰り返され、単90分でバッテリーがないた。

また、5Gの電波が届く範囲での高速ダウンロードをすると一気に電池残量が減る様子を知ることができる。 もちろん、今の英国5Gの対応領域が非常に狭いので、これは大きな問題はないが、今からその地域が広がってくると確かに問題になるだろう。

結論は?

結論として購入するかで議論されると、購入しなければならない。 この小さなiPhone 12 miniは、通って最高だったし、使用することができて光栄だった。

iPhone 12 miniはフラッグシップモデル特有のパワーを必要としているが、脅迫存在感があるのは持ってたくない人には理想的な小型のスマートフォンである。 しかし、その日に充電する必要が出てくることを理解し、5G通信についてあまり気にない前提でだ。

◎WIRED点
とにかく通っていてうれしくなるサイズ感。 だから標準モデルのiPhone 12と同じ仕様と性能を備えている。

△TIRED点
iPhone 12シリーズの中では、バッテリーの気持ちが良くないところ。 5G通信は、バッテリーの消費量が多くならない。 指が太いたりすると、文字入力は難しい。

※「WIRED」のiPhone関連の記事はここにある。

関連記事

READ  TCLから日本市場初の5G対応スマートフォン「TCL 10 5G'3万9800円 - 携帯電話Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close