技術

iPhone 12 mini(仮)で「期待することができそうにない」5つの新機能まとめ – Engadget日本版

9to5Mac

今年のフラッグシップiPhone 12(仮称)シリーズは、4モデル構成の噂があるが、その中で最も小さく、最も廉価モデルであるiPhone 12 mini(仮称)画面サイズ5.4インチと予想されるため、小型モデルを支持するユーザーの注目を集めています。

飛行機に関しては初代iPhoneのレベルにコンパクトで持ちやすい可能性を示しダミーモデル流出もありました。

小ささと価格などで日本でも人気だそうiPhone 12 miniが、上位モデルと比較すると仕様に制限がされると予想します。 そんな中、伝統的なアップル関連の情報サイトMacRumorsはiPhone 12に搭載噂が来た新機能の “miniは期待できないような「5つのことを整理して紹介しています。

XDRディスプレイと120Hz表示

iPhone 12 miniは、iPhone 11の液晶画面の代わりに有機ELディスプレイが搭載され、さらにY-OCTA技術が採用されると予想されています。 Y-OCTAは、有機ELパネルにタッチ機能を統合し、タッチセンサーフィルムを重ねる必要がなくなるサムスンの技術です。 これにより、ディスプレイの薄型化とコスト削減を期待することができます。

ここでは、Proモデル譲渡のに、他の一方でiPhone 12 Pro(6.1インチ)/ Pro Max(6.7インチ)よりXDRが実装される可能性がています。 これは、より鮮明で、真のブラックが表現10ビットカラーを実現することが仕様だが、miniには、搭載されていないようです。

また、iPhone 12 Proシリーズには、120Hzのディスプレイが載るない載ってないと見方が割れていますしかし、iPhone 12 miniに関しては、「載っていない」と予想が一致しています。

LiDARスキャナー

iPhone 12 Proシリーズは、LiDARスキャナー(3Dセンサー)が採用されると予測が有力です。 LiDARスキャナーは対象物に光を投射して反射光がセンサーに届くまでの時間からの距離を測定する方法。 アップル製品で初めて搭載されたiPad Pro(2020)では、周囲の深さと形が急速に知ることができるからARアプリケーションの起動が速くスムーズに正確にされています。

これiPhone 12 Proは、オートフォーカスの新しい強化に活用され、縦モード撮影の精度も向上するものと推測さもありました。 iPhone 12 miniは、このプレミアム機能を「分離」ということです。

望遠レンズとセンサーシフト式の手ブレ補正

iPhone 11と同様に、iPhone 12 miniも背面に2つのカメラの広角レンズと超広角レンズが搭載されると見ることができます。 そしてここ11と同様に、Proモデルの望遠レンズは非搭載が予想だけです。

また、今回の最大サイズのiPhone 12 Pro Maxはセンサーシフト式の手ブレ補正技術が搭載される有名アナリスト予測することができます。

記事執筆時点での光学式手ブレ補正技術の主流は、レンズシフト式とセンサーシフト式の2つに大別されます。 簡単に言えば、前者は、レンズの一部を物理的に移動する方法。 について、後者はずれただけ撮像素子自体を動かす仕組みです。

そして、現在iPhone 11 Proシリーズに光学式手ブレ補正を採用していますが、「レンズ自体に機構が内蔵された “ので、広角や望遠レンズを使用している場合にのみサポートします。 しかし、センサーシフト式の特定のレンズに依存せずに、すべてのモードで手ブレ補正を適用することができるので、超広角レンズでも効果が期待できるのです。

本機能はiPhone 12 miniは無し。 逆にiPhone 12 Proに搭載されていないことが報告されており、最も高価なPro Maxだけプレミアム機能と同じです。

大電池容量

iPhone 12シリーズの中でも最も小さいサイズとなるminiが、それゆえiPhone 12 miniは、シリーズの中でも最も小さなバッテリー容量が予想されています。

公共の証明機関のデータベースからの容量予測では、iPhoneの12 miniのバッテリーは2227mAhと推測されています。 この数値は、iPhone 11 Proの3046mAhと比較すると819mAhも小さい。 最新のA14 Bionicプロセッサの電力効率の向上がバッテリ寿命に有利に作用することができるが、やはり容量自体が少ないため、駆動時間の減少は避け難しいことです。

5Gのミリ波対応

iPhone 12シリーズは、全モデルが5G対応すると予想されているが、高速ミリ波通信への対応は、Pro Maxだけになると噂もありました

5G通信は約二つは、1つは高速ですが、電波到達範囲が狭い “ミリ波」であり、もう一つは遅い代わりにカバー範囲が広い」サブ6ギガヘルツ(GHz)」です。そして、噂を伝えテックメディアFast Companyが主張する根拠は、最大サイズのiPhone 12 Proのみミリ波対応を実現するために必要なアンテナ設計に対応できる内部空間と電力の大きさに合わせて大容量のバッテリーを備えているので、ということでした。

つまり、ここで1年程度が予想されてきた新機能は、有機ELディスプレイと5G(サブ6Ghzのみ)を除いては、ほとんどiPhone 12 miniにしたい場合もないことです。

しかし、噂通り、約6万8000円〜という安さ(最新フラッグシップiPhoneで)で購入することができ、初代iPhone SEレベルにあり、簡単にすれば、性能と価格のバランスがとれたiPhone SE(2020)のようなヒット商品になります。

出典:MacRumors

READ  Grand Theft Auto 6漏出はGTAファンを興奮させた偽ですか?

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close