経済

iPhone 12 Pro Maxのカメラは、他のと何が違うの写真を撮りながら検証してみる – Engadget日本版

iPhone 12 Pro Maxの本体(画面)サイズ以外ロイシリーズの他のモデルとのわかりやすい違いは、カメラになります。 様々な情報でもiPhone 12 Proよりも強力なのはわかりますが、具体的にどの部分が特別なのでしょうか?

ソート見てもiPhone 12 Proのような目に見えるカメラ部分ですが、実はiPhone 12 Pro Maxの方が大きくなっています。 仕様には出ていないが、超広角、広角、望遠レンズ、すべてのサイズも異なります。 また、LiDARセンサーについては同一の仕様です。

▲カメラユニット部分の大きさは、iPhone 12 Pro Max(左)がH40.93mm×W38.48mm。 iPhone 12 Pro(右)は、H35.50mm×W33.32mm。 厚さも、電子は2.79mm、後者が1.72mm。 ホイールサイズが異なります。 レンズも少しだけiPhone 12 Pro Maxの方が大きいです。

別の広角カメラ

iPhone 12 Pro MaxとiPhone 12 Proは、カメラの最大の違いがあるのは広角カメラ。 カメラアプリを起動したときに表示される等倍(1倍)のカメラで最も多く使用される標準のカメラですね。

スペックで読み取る部分では、iPhone 12 Pro MaxはiPhone 12 Proよりもセンサーサイズが47%拡大しています。 画素数は、すべて同じ12MPがセンサーサイズが大きくなったことで1画素あたりの光を受ける面積が増加するため、暗い場所での撮影に強い明暗差が大きい場合でも、黒いのブレや白飛びを抑えた滑らかなグラデーション表現が可能です。

繊細な部分ですが、iPhone 12 Pro Maxは広角カメラレンズだけiPhone 12 Pro 6枚構成で、7枚構成に変更されています。 標準のカメラではあるが、少し広角気味のレンズなので、レンズを追加して、撮影時に発生しやすい歪みを改善しています。 これらの機能強化は、カメラモジュールも大きくなっており、構造が複雑であるためコストの上昇につながりますが、あえて採用しているところでAppleの広角カメラで通常相違ない頑固知ることができます。

そして手ブレ補正機能も違いがあります。 iPhone 12 Proに使用される光学手ブレ補正レンズ側手ぶれ補正レンズを制御して補正するのに対し、iPhone 12 Pro Maxの広角カメラに搭載されたセンサーシフト式の手ブレ補正は、その名のとおり、画像センサーを動かしてブレを補正します。 広角カメラのみこの方式を採用したのは、上記の複雑化したレンズ構成が影響を与えていると思われます。

センサーシフト光学式手ブレ補正は、レンズ交換式デジタルカメラの場合、カメラボディ側のイメージセンサーに手ブレ補正機能が搭載されるため、結合されているレンズの種類に関係なく、手ブレ補正を使用することができますので、使用方法。 だからレンズが固定されたiPhoneのカメラではあまりメリットがないように聞こえることができます。 もう少し深く考えると、オリンパスの高解像度ショットのように、意図的にイメージセンサーをずらし繰り返し撮影して超高解像度写真を撮影することもあるでしょう。

よりボケ感が強くなった望遠カメラ

iPhone 12 Proの望遠カメラは35mm換算52mmであるが、iPhone 12 Pro Maxは65mmより13mm望遠ました。 しかし、単純で遠くの被写体を大きく撮影することができるだけありません。

例えば、縦モードでは、レンズの焦点距離が長くなったし、被写界深度の浅さと画角の狭さによるボケを強調した」被写体が前にある「写真を撮影することができます。 人物写真や動物の写真を撮るときは、積極的に使用したいところです。

iPhone 12 Pro Maxの望遠カメラは、絞り値がF2.2とiPhone 12 Proに比べてやや暗くなっていますが、実際の撮影ではあまりそれを感じることはできませんでした。 手ブレ補正機能が正しく効果があるので、暗い所でも安定して撮影することができていることが役立ちます。

iPhone 12 Pro Maxから望遠カメラが望遠になっている関係で、光学ズーム5倍です。 それに応じて、デジタルズームも12倍強化されているが、ズーム使用時は非常にしっかりと端末を固定しないと、簡単に写真が揺れていますので、手持ち撮影ではかなり苦労するだろう。

天気と時間帯を気にせず撮影できる安心感

iPhone 12シリーズは、A14 BionicチップとNeural Engineによって急激に改善された露出補正と空間の色処理が施されています。 その結果、どのような状況でも安定した写真を撮ることができました。

iPhone 12 Pro Maxは、カメラのハードウェア面が補完されたもので、高い表現の撮影を行うことができますように。 写真を見ているとされた、あまりにも感があるのもありますが、記録的に見ればこの辺しっかりとしたわけではない。 もし、より自然な画像が必要な場合はすぐに登場することになるApple ProRAWが最適なソリューションになること。

iPhone 12 Pro Maxなら改良された広角カメラはもちろん、超広角カメラと望遠カメラのどれを選んでも期待以上の結果を得ることができるだろう。

そのような期待が実際に夕暮れの江ノ島、渋谷のスクランブルスクエア屋上小雨がパラつく夜の銀座で撮影してみました。 誰も想像以上の仕上がりに驚きました。 ラディンと歩きながら気になったときにサッと撮影だけです。 撮影後の画像編集は一切していません。

▲江ノ電鎌倉駅の駅構内線路終端柱の上にある「無事カエル」の列車に乗る前に、望遠カメラ縦モードで撮影します。十分な距離があるので、自然なボケが生じました。その一方で、被写体は鮮明に撮影することができます。
▲到着電車を振り返っ形に広角カメラの通常モードで撮影します。 飛んだ簡単な電光掲示板や構内の看板も自然な感じに調整されています。 することは構図を決めてシャッターボタンを押してください。
▲日没前由比ヶ浜に出てくる途中広角カメラで撮影します。 当日はあいにくの曇りで夕日は撮影できません。 徐々に暗くなっている状態であったが、明るいレンズのおかげで雲もノイズが少なく撮影できました。
▲晴れあれば必ず夕日がきれいだ江ノ島方面を広角カメラで撮影します。 太陽があるあたりが少し飛んだが、これは撮影に雲の周りをタップして露出補正されて回避することができるでしょう。 今回は何もありません。
▲上の写真と同じ場所を超広角カメラで撮影します。 何もせず、シャッターボタンを押すだけ。 超広角独特の歪みが発生するがi、Phone側で自動的に補正されます。 右倍の表面が広角レンズと比較すると育っついているレンズの明るさの違いによるISO感度が上げため。 広角カメラはISO125でも超広角カメラはISO320。 暗いところでの撮影時には、このような差がつきました。
▲江の島入口の青銅の鳥居から道を眺めたところ。 日没後スムーズにし、照明に照らされた通りを入れて望遠カメラで撮影します。 ISOは640まで上げてから、全体が少し育っついた感じですが、軽くこぶしを握っただけでここまで頭撮影することができます。
▲江の島神社の鳥居を入り口で撮影。 周囲はかなり暗い中で広角カメラで撮影します。 ISOは1000まで引き上げられていますが、夜間モードでは、使用せずに撮影することができました。 ほとんど肉眼で見たイメージに近い感じです。
▲門前町のお土産店を広角カメラで撮影します。 iPhone 12 Pro Maxセンサーは若干の明るさがあれば十分な画質の写真を撮ることができますので、移動しながらの旅の記録に最適です。
▲弁天橋途中江ノ島側を広角カメラで撮影します。 スマートフォンのカメラには強い光源から発生するフレアやレンズ内部で光が反射して発生するゴーストが目にしまう少し意地悪な場面での撮影。 iPhone 12 Pro Maxはある程度改善されたことを確認したが、率直に言って、既存のモデルと変わらないようです。 唯一の露出はかなりハードでした。
▲銀座の横断歩道を渡りながら広角カメラで撮影します。 小雨が降る中でしたが、銀座の明るさを知るの写真です。
▲銀座の歌舞伎を広角カメラで撮影します。 建物が照明に照らされているので、夜間モードを使用しなくても余裕で手持ち撮影しました。 前の道路の中央分離帯が微妙に波を打っていますが、これは広角レンズで発生する歪みを修正した跡だと思います。
▲薄暗いバーカウンターで好きなお酒とカウンターの後ろの棚を広角カメラで撮影します。 かなり暗くても、夜間モードを使用せずに撮影することができます。 LiDARセンサーが効果があるかはわかりません。 Deep Fusionの効果でボトルのラベル面やガラス感じもほとんど見たままきれいに表現されています。
▲望遠カメラ縦モードで猫を撮影します。 以前より近距離で撮影をすることができるようになって使いやすくなりました。 以前は、被写体と背景との境界が曖昧な感じで不自然なボケが発生していましたが、iPhone、12 Pro Maxは非常に自然なボケ感しました。

iPhone 12 Pro MaxとiPhone 12 Proで撮影比べ

▲渋谷スクランブルスクエアの屋上でiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxの広角カメラで撮影します。 ある程度の明るさがあれば表現に違いが発生していないようです。 色表現も似たような仕上げました。
▲光学ズームとデジタルズームの比較では、スペック通りの差があります。 iPhone 12 Proは光学最大4倍、デジタル10倍。 iPhone 12 Pro Maxは光学5倍、デジタル12倍です。 デジタルズームは固定されていても等倍で見ると、それなりに仕上げています。
▲これも皮肉なテストであるが、ゴーストの入り具合を広角カメラで比較しました。 結果はすべて同じ程度のゴーストが発生します。 ネオン管文字通りレンズに反射してかすかに写っています。 iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxで幽霊の位置が異なるのは、レンズの構成の違いです。
▲明らかに差があるのは、このような暗い環境で撮影した。 センサーの大きさの違いでISO感度が異なる結果の写真ザラツキに違いがあります。 建物中央のSHIBUYA SCRAMBLE SQUAREの文字の周りの状態を見ると、分かりやすいです。
▲暗い環境でも、何かの照明が入って明るくなると仕上がりの違いは埋まります。 渋谷スクランブル交差点での撮影は、周囲の看板などの明るさで同じISO感度で撮影することができました。

カメラにのみ比較してみると、実際に顕著な違いはあまりないが、少しの部分での違いは明らかでした。 その部分については、どの程度の価値を感じるがiPhone 12 Pro Maxを選択する理由になります。 逆に言えば、iPhone、12、iPhone 12 Proでも十分なレベルの撮影が可能で、むしろ画面サイズから選択しまってもよいでしょう。 おかげで一層の選択に悩んでいます。


関連記事:

iPhone 12 Pro Maxは思ったよりも大きく、iPhone 12 miniは小さかっ(前モデル、実際の大きさの比較)

iPhone 12 Pro Max動画レビューiPhone史上最大の画面は、手にすると圧倒的

撮影比べ明らかになったiPhone 12 Pro Maxのカメラが住んでいる場面。 他の人との差は大きくても、小さく地図いる(ホンダ正和)

撮影から編集までを1台でこなす面iPhone 12 Pro Maxは最高の装置である(石川ウォン)

これこそThe Max! iPhone 12 Pro MaxはDolby Visionワークフローも手で完結することができる1台(松村太郎)

iPhone 12 Pro Maxの名前は伊達ではない。 iPad miniの小型版である(石野純也)

iPhone 12 Pro Maxをいじって気づい選択する理由は? 価値のあるハイエンドなのかを検討してみると(西田宗チカ)

READ  Apple Watch Series 6は、最高のスマートウォッチが、解消されなかった "欠点"も:製品レヴュー| WIRED.jp

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close