トップニュース

iPhone 13はノッチが小さく? Touch IDが復活? | ギズモ・ジャパン

むしろないだろう。

もはやiPhoneの象徴となった画面の上部のノッチそして来年投入されるiPhoneの13ノッチが小さいことがしれません。

台湾の紙DigiTimesの報道によると、iPhone 13は、3Dセンシング装置が大きく変更され、その大きさが縮小されるということです。 3Dセンシングデバイスは、Face ID機能に利用されるTrueDepthカメラのことですね。

iPhone Xで導入されたノッチが、ここでフロントカメラと顔認識センサーを搭載することで、新たな画面サイズの大型化を実現しました。一方で、その奇抜なデザインは、Samsung(サムスン)などの競争でブーイングされたものです。

また、iPhone 13から2機種で、ディスプレイにTouch IDが内蔵も登場しています。また、Appleも「Face IDに満足していますか?」というアンケートを実施しており、これもFace IDの廃止につながるのではとされています。

マスク携帯が必須とされている今、Face IDいつでも便利な生体認証機能ということはなくなりました。 それでもiPhoneユーザーであれば、ノッチの小型化は必ず実現してほしいというのが本音でしょう。

画像:Wachiwit / Shutterstock.com
出典: DigiTimes 通じる GizmoChina

READ  M1搭載MacBook Airレビュー新たな扉を開いたAirは、多くの人々にお勧めしたいAppleのシリコンMac | TechCrunch Japan

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close