技術

iPhone 13(仮称)は、最終的にノッチの高さが縮小するとの噂 – Engadget日本版

2017年のiPhone Xに登場した画面の上部の切り込みであるノッチ。 これは、さまざまな意見がありながらも、歴代の代表iPhoneに続いています。

しかし、2021年のiPhone 13シリーズ(仮称)は、最終的にこの切り込みが小さくなる噂が伝えられています。

もともとノッチは顔認証Face IDに必須TrueDepthカメラなどの各種センサーや部品を収納することができる空間です。 一時競合他社のAndroid機器に採用されている動きがあったが、昨今のAndroid端末では、あるカメラを前面に置いて周囲をディスプレイに覆うパンチホール式画面下のカメラを内蔵するアンダーディスプレイ方式に切り替えていきました。

今回の噂の震源地は、数多くの検証リカ(未発表製品に関連した有力な情報を発信する人)であるice universeさんのツイートです。 iPhone 13はまだノッチが保持され、少し小さいこと。

ノッチといえば幅の広さが目立つが、彼は「高さが減っ溝が浅くなる」ことを示すラフスケッチを追加します。

ノッチの大きさに関しては、すぐに登場予定のiPhone 12シリーズ(仮称)が、最初は大きく小さくなるの噂もありました。 しかし、続々と流出ダミーモデルなどの写真は、「縮小してい “の可能性を強くだけです。そんな中、少し小さいサイズ5.4インチiPhone 12 mini万小さいかもモルンダグァアナリスト予測もありました。

iPhone 13ノッチについては廃止される可能性を示すダミーモデル流出もおり、画面内蔵のTouch IDを使用に応じてFace IDごとに除去されるという噂も出てきたことがあります。 このうち後者は、Face IDがTouch IDよりもセキュリティ面で凌駕することを強調し、アップルに非現実的だと思われますが、その分ユーザーの間でノッチの不満が高まっている表現かもしれません。

また、iPhone 13 Proシリーズの画面仕様に関しては、今年のiPhone 12は保留ような120Hz表示がついに実現予想もあります。 ノッチ縮小による画面占有率の向上と120Hzによる滑らかな表示と迅速な反応を期待している方向は、今年は、一度観望する選択もあるでしょう。

出典:アイスユニバース(Twitter)

通じる:MacRumors

READ  日本のアパレルプラットフォームZozo、高級ファッションと最先端の技術の結合

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close