技術

iPhone12シリーズ、Apple店舗より安く手に入れる方法は? – iPhone Mania

Appleが10月16日予約開始iPhone12iPhone12 Proについてソフトバンク、NTTドコモ、auなどのキャリアに加えて、いくつかの家電量販店でも予約を開始し、Apple Storeより安く購入できる可能性することができます。

主な経歴本当の負担金を安く

iPhone12

ソフトバンク、ドコモ、au10月16日午後9時からiPhone12とiPhone12 Proの予約受付を開始しており、同社のオンラインストアで予約が可能です。

同社は、MNP割引などだけでなく、将来の端末を返却することを前提に、実質的負担金の大幅な値下げを実施しています。

ソフトバンクは “フリックサポート+」を実施しており、約2年後に機器の回収および新しい機種に機種変更を前提に、例えば、iPhone12(64GB)を実質負担金55,440円そして、iPhone12 Pro(128GB)を実質負担金68,760円で提供しています。

家電量販店では、ポイントとスマートフォン決済が可能

iPhone12シリーズSIMフリーモデル内容は、Appleストアに加えて、ヨドバシカメラ、ビックカメラ、エディオンなどのいくつかの家電製品販売店予約することができます。

Apple Storeや家電量販店でiPhone12シリーズ(SIMフリー)の価格差は、現在ありませんが、家電量販店で自分のポイントを付与されるなどの利点があります。

ヨドバシカメラとビックカメラは固有ポイントが1%付与ので、もしiPhone12 Pro(128GB)を予約した場合、定価117,480円(税込)の1%に相当する1,175円相当のポイントが還元されます。

一部の家電量販店でスマートフォン決済が可能同じため、マイナスポイント5,000円還元特典を利用することができ、また、スマートフォン決済キャンペーンや量販店のポイントサービスを利用して、iPhone12シリーズをApple Store価格より実質的に安く購入できる可能性することができます。

たとえば、ビッグカメラでLine Payスマートフォン決済が可能であり、実店舗では、Line Payのマイナスポイント登録特典10%OFF」スペシャルクーポン「(割引上限2,500円)の対象となります。

また、エディオンとビックカメラで代金をPayPayでお支払いが可能なため、「スーパーページページフェスティバル」11月14日、11月15日に実施されるフィナーレジャンボの対象になった場合、運に基づいて2%〜100%のPayPayボーナスを受け取ることができます。 また、スーパーPayPay祭りフィナーレジャンボ対象から除外店は、今後発表される予定です。

iPhone12シリーズ購入時に付与される家電量販店のポイントまたは利用可能なスマートフォン決済サービスの詳細については、各社のサイトをご確認ください。

また、スマートフォン決済サービスが独自に実施するキャンペーンの条件の詳細などについては、各社のサイトをご確認ください。

出典:ヨドバシカメラビックカメラエディオンLINE PayPayPay
(生)

READ  「アルゴリズムとは何か?」を専門家が分かりやすく解説 - GIGAZINE

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close