技術

Isamu Akasaki、92歳、Dies; LEDで世界を明らかにしたノーベル賞受賞

ブルー発光ダイオードの開発を助けた日本の物理学者赤崎勇(Isamu Akasaki)は彼にノーベル賞を受賞し、世界が照明されている方法を変化させたLED開発の突破口が日本の名古屋の病院で木曜日に死亡しました。 享年92歳。

Meijo University 彼の教授であった名古屋でその原因は、肺炎と述べた。 彼は名古屋大学にも所属していました。

Akasaki博士は 2014年にノーベル物理学賞 日本の天野浩とサンタバーバラ、カリフォルニア大学の中村修二と。 青色発光ダイオードの発明は、白熱灯や蛍光灯よりも安価で耐久性が高く、環境的に安全な光量の光源を作る道をリードしてきました。

「彼らは、他のすべての人々が失敗したところで成功しました。」スウェーデン王立科学アカデミーは、賞金表彰で語った。 「彼らの発明は、革命的でした。」

金属フィラメントを加熱して、エネルギーを生成する白熱電球とイオン化されたガスを使用する蛍光灯とは異なり、LEDは、電流が加わると光子を放出する小さな半導体チップです。

第1世代のLEDランプは、おなじみの白色光を生成するために赤、緑、および青色光の組み合わせが必要でした。 赤と緑のダイオードは、1950年代と60年代に初めて開発された青色光は、はるかに困難な障害物でした。

1960年代後半RCAの初期作業を終えた後、Akasaki博士は、70年代初頭に、半導体窒化ガリウムの高品質結晶を 松下研究所東京、電子会社。 後で名古屋大学で彼は当時大学院生である天野博士の研究に参加しました。

80年代後半には、チップから青色光を生成することができました。 同時期に徳島の化学会社であるNichia Corporationで働くNakamura博士は、このチップを照明に適用することができる明るい青色のLEDを生産するために、画期的な技術を構築しました。

LEDは、後に懐中電灯と街灯のテレビに至るまで、すべてのものに電力を供給するユビキタスなりました。 白熱電球よりも熱をはるかに少ない放出し、蛍光灯よりもエネルギーをはるかに少ない消費し長く持続します。

技術ジャーナリストであり、「LED:照明の未来の歴史」(2017)の著者であるBob Johnstoneは、電子メールで次のように言いました。 「1980年代後半の一般的な意見は、結晶の欠陥が多いからです。窒化ガリウムの構造を持っている場合、それに発光ダイオードを作成することができないでしょう。なぜ試ししますか?」

Akasaki博士は「ほぼ普遍的に失われた原因として認識されていることを喜んで固守しようとしており、RCAの研究員と他の米国窒化ガリウムLEDの技術の開拓者たちが放棄したか長い経ちました。」

「最終的には、「Johnstone氏は「彼の忍耐 – 純粋なこだわり – この成果を収めました。」と言いました。

日本の先端技術の広範な背景を持つ物理学者Gerhard Fasolは、電子メールを介してLEDの可能性は、安定した電気がない発展途上国では特に広範囲であり、「LEDは、バッテリーや太陽電池と組み合わせて生活の質を大幅に向上させることがすることができます。 教育と交換します。」

ナッシュビルに本社を置く市場調査機関であるStrategies Unlimitedによると、2019年のLED製品が全世界の照明市場のほぼ60%を占めたが、2010年には10%未満でした。 米国エネルギー省の2015年の報告書によると、米国では、LEDが2030年までに全照明販売の80%以上に達すると予想されてアメリカ人の電気料金を年間260億ドル削減することが期待されます。

赤崎取締役止まる1929年1月30日、日本最南端知覧で生まれました。 1952年に京都大学を卒業した後、1959年までにKobe Kogyo Corporation(以降Fujitsu)で働いていました。 その後、名古屋の大学に通っていた1964年工学博士号を取得する前に、いくつかの教職を務めた。

彼はMatsushitaでのキャリアを続けて1981年名古屋大学に電子学科の教授に戻った。 彼は1992年に名誉教授に指名された後に、名古屋の名城大学教授に参加して窒化物半導体コア技術研究センターの所長を務めた。 彼は2019年までにはまだ大学で働いていました。

Akasaki博士は長年かけて彼の研究に何百もの特許を受けAmano博士との画期的な作業によるロイヤリティは、2006年に完成した新しい研究所である名古屋大学赤崎研究所の設立に資金を支援しました。 ノーベルは2009年に京都賞をはじめとする多くの賞を受賞し、2011年には、日本の皇帝に文化勲章を受賞しました。

彼の妻涼子がありました。 彼の生存者に関する完全な情報は提供されていない。

尋ねられたとき 2016年のインタビューで、 Akasaki博士は長年の単一マインド研究を率いた哲学を要約するためにElectrochemical Societyと「痛みもなく、利得もありません」と答えました。

私は若い人たちにこう言います。 経験は最良の教師です。」と彼は続けました。 「つまり、時には学びの王道はありません。」

READ  日本のトヨタ、いすゞ、日野、トラック技術提携

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close