ISRO、Chandrayaan-3推進モジュールを地球軌道に移動

Estimated read time 1 min read

チャンドラヤン3号は2023年7月14日に発射された。

バンガロール:

ISROは、チャンドラヤン3号の推進モジュール(PM)が月の周りの軌道から地球の周りの軌道に移動したと言いながら、この作業をユニークな実験だと述べました。

チャンドラヤン3号ミッションの主な目的は、月南極地域の近くに連着陸を実演し、「ビクラム」着陸船と「プラグヤン」探査船の装備を使って実験を行うことでした。

宇宙船は2023年7月14日、サティシダワン宇宙センター(SDSC-SHAR)でLVM3-M4車両に搭載されて発射されました。

8月23日、ビクラム(Vikram)着陸船が月に歴史的な着陸をした後、プラギアン(Pragyan)探査船が配置されました。

着陸船と探査機の科学機器は、定義されたミッションの寿命に基づいて旧暦1日間継続的に機能しました。

インド宇宙研究機構(ISRO)は声明を通じて「チャンドラヤン3号の任務目標が完全に達成された」と明らかにした。

推進モジュールの主な目的は、着陸船モジュールを停止軌道移動軌道(GTO)から最終月極円形軌道まで運び、着陸船を分離することであると述べました。

分離後、PMのHAbitable Planet Earth(SHAPE)搭載体の分光偏光測定法も作動したと宇宙局は明らかにした。

最初の計画は、PMの任務期間中に約3ヶ月間このペイロードを運用することでした。 LVM3による精密な軌道注入と最適な地球または月燃焼の始動により、月軌道で1ヶ月以上作動した後、PMに100kg以上の燃料を使用できるようになったと付け加えました。

ISROは、今月の探査ミッションに関する追加情報を導き出し、サンプルリターンミッションのミッション運用戦略を実証するためにPMで利用可能な燃料を使用することを決定したと述べた。

地球観測のためにSHAPEペイロードを継続するために、PMを適切な地球軌道に再軌道することを決定した。 今回のミッション計画は、PMが月面に衝突するのを防止したり、36,000kmの地球静止赤道軌道(GEO)ベルトとその下の軌道に進入することを防止するなど、衝突回避を考慮して樹立されたと声明は明らかにした。

推定燃料の可用性とGEO宇宙船の安全性を考慮して、最適な地球帰還軌跡は2023年10月に設計されました。

2023年10月9日に最初の起動が行われ、アポルン高度を150kmから5,112kmに上げ、軌道周期を2.1時間から7.2時間に増やしました。 後で利用可能な推進薬の推定値を考慮して、2番目の起動計画は、1.8 lakh x 3.8 lakh kmの地球軌道を目指して修正されました。

TEI(Trans-Earthinjection)の起動は2023年10月13日に行われました。 TEI以降、機動実現軌道でPMは11月10日月の影響権(SOI)を離れる前に4回の月飛行を行いました。

現在、PMは地球軌道を回っており、11月22日に高度1.54 lakhkmで最初の近点を通過しました。 軌道周期は27度傾斜でほぼ13日である。 近点と原点の高度は軌道中に変化し、予想される最小の近点高度は1.15 lakhkmであるとISROは述べた。

したがって、現在の軌道予測によると、地球軌道を回っている衛星が近接近接する危険はありません。

計画に従って、SHAPEペイロードは地球が視野に入るたびに作動します。 さらに、2023年10月28日の日食中にSHAPEペイロードの特別な操作が行われました。 SHAPE ペイロード操作は続行されるという声明が追加されました。

ISROは、「UR Rao Satellite Center / ISROの飛行力学チームは、Chandrayaan-3 PMで行われた復帰操作によって検証された、この作戦の最初の原則に基づく分析ツールを開発しました」と述べました。

ISROによると、今後のミッションに関連してPMが行った帰還起動の主な結果は次のとおりです。 月から地球に戻るための軌道と操縦の計画と実行。 そのような起動と予備検証を計画するためのソフトウェアモジュールの開発。 惑星や天体を​​横断する重力補助飛行計画と実行。 PMの寿命が終わると、PMが月面に制御されないように衝突するのを防ぎ、破片の発生がないという要件を満たします。

(ヘッドラインを除いて、この記事はNDTVの従業員によって編集されておらず、シンジケートフィードで公開されました。)

READ  Webb宇宙望遠鏡は重要なミラーアライメントのために準備され、地球からほぼ100万マイル離れた目的地に近づきます。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours