技術

ISROは火星に戻り、日本と共に月の暗い面を探検する計画だ。

月と火星の探査を終え、インドの宇宙研究機関(Indian Space Research Organization)はISRO)は今金星に目を向け、日本と協力して月の暗い面を探査する計画です。

Akash Tattva会議でISROの将来の使命のプレゼンテーションをここでAnil Bhardwaj、ディレクター アマダバードに基づいた物理研究所(Physical Research Laboratory)は、宇宙国も火星に探査船を送る計画だと述べた。

Bhardwajは、月の恒久的な影の領域を探索するために月探査船を送ることについて、日本航空宇宙探査庁(JAXA)と議論中だと述べた。

当初の計画に基づき、ISROが制作した月着陸船と探査船は、月の南極付近に計画された着陸とともに、日本ロケットによって軌道に入る。 Bhardwajは「ローバーは日光を見ることができない永久的な月の影の領域に旅行する」と言った。

彼はPSR地域に残っているすべてが太古の時間の間に深い凍結にとどまったのと似ているので、この地域の探査は興味深いと言いました。

Bhardwajは、Aditya L-1は、400kg級の衛星がラグランジュポイントLと呼ばれる地点で、星を見ることができるように太陽の周りの軌道に配置されるユニークな使命になると述べました。 -1.

軌道は地球から150万キロメートル離れた場所に位置し、コロナ加熱、太陽風加速、コロナ質量放出の開始、フレア、地球近くの宇宙天気を理解しようとします。

BhardwajはAditya L-1と チャンドラヤン-3つの任務は、早ければ来年に優先順位として採択され、金星任務とJAXAによる月任務が続くようです。

Chandrayan-3に搭載された月探査船の成功は、JAXAと共にミッションに再び使用されるため、非常に重要でした。

READ  共同責任と排出削減目標

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close