Isshinが「絶対チャンピオン」を抜いて全日本ブレーキングチャンピオンシップ1位のタイトルを獲得

Estimated read time 1 min read
読売新聞
日川一信が日曜日、東京NHKホールで開かれた全日本ブレーキングチャンピオンシップに出場している。

日川一信は先日、全日本ブレーキング選手権で初優勝し、パリオリンピック出場の可能性を高めました。

ダンサーの名前がイシン(Isshin)である氷川をはじめとする主要ブレーカーは、ブレーキング、つまりブレーキダンスが新しい種目として追加される今夏のオリンピックに出場するためにオリンピック予選シリーズ(OQS)に参加する予定だ。

去る日曜日、東京NHKホールで行われた決勝戦では、広10(Hiro10)として知られる大野宏(Ono Hiroto)が2位を占めた。

シゲキックスで出場する中井重之はすでにオリンピック出場権を確保したが、全国選手権大会では3位に上がり、4連続優勝に失敗した。

女子部では昨年世界選手権でダンサーのあゆみという名前で準優勝を占めた福島あゆみが全国選手権3連覇を達成した。 OQS選手の一人であるRikoとして知られるRiko Tsuhakoが4位を獲得しました。

氷川には越えなければならない壁がありました。 彼は世界ランキング6位だが、日本では中井に次いで2位に選ばれる。 石川は「私はこれまで彼に負けたので彼に勝ちたかった」と語った。 18歳のブレーカーがついに絶対チャンピオンの中井の亜性を崩した。 氷川は準決勝で中井と競争した。 1ラウンドでは、ヒシカワが手で背中に足をつかんで肩で床から跳ぶダイナミックな新技術で観客を熱狂させた。 彼は最後までその勢いを維持した。

石川は「イベントを準備するために私が努力したすべてを実行に移しました」と言いました。

去る11月からコア筋肉強化と体力強化に集中した訓練が成果を出したものと見られる。

READ  浅野山、九州バスショーに復帰、高케이ショーの昇格機会に打撃
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours