ISU、VN大学と水資源管理MOU締結

1 min read

THE Isabela State University(ISU)は、サステナビリティに関する国際シンポジウムでベトナムのThuyloi University(TU)とDa Nang University of Science and Technology(DNUST)と覚書(MoU)を締結しました。

Isagani Angeles Jr.が率いるISU Public Relations and External Linkages(ISU-PREL)によると、MoUの署名は2022年12月16日にTUと、2022年12月18日にDNUSTとともに第1回統合洪水と洪水にに関する国際シンポジウムの一環として行われました。 2022年12月16日から20日まで、ベトナムでの持続可能な開発(FSMaRT)2022プロジェクトのための川流域の堆積物管理。

ISUのFSMaRTプロジェクトリーダーであるDr。 Orlando Balderamaは、MoU署名期間中に招待講演者として招待されました。

シンポジウムでは先月、APN(Global Change Research)のためのアジア太平洋ネットワーク(APN)プロジェクトの枠組みで、フィリピン、日本、ベトナム。

ISU-PRELは、ISU、TU、DNUST、および日本に基づく京都大学(KU)代表団の継続的な努力が、FSMaRT 2022プロジェクトに対する第1回国際シンポジウムで彼らのコーナーを改善する模範となったと述べた。

最新ニュースを入手


受信トレイに配信

The Manila Timesの日刊ニュースレターを購読する

電子メールアドレスに登録することで、本人は利用規約とプライバシーポリシーを読み、同意したことを認めます。

ISU-PRELはまた、この事業は、ISUが持続可能性に影響を与えるUN National Sustainable and Development Goals(SDG)のための努力の一環であると説明しました。

行動指針として、ISU-PRELはUN-SDG 6.5を引用し、「2030年までに適切な国境を越えた協力を含むあらゆるレベルで統合水資源管理(IWRM)を実施する」と述べています。

ISU-PRELは、IWRMが関連機関との情報交換とコラボレーションを通じて水資源管理の効率性と有効性を高めると説明した。

「産業界、学界、政府の研究者、科学者、エンジニア、学者たちは、気候変動や貯水池の堆積、洪水の浸水、農業慣行、川、海岸の侵食」とISU-PRELは語った。

また、今回の公式討論会は、実質的な問題と当面の課題と採択されたソリューションを扱うプラットフォームになると付け加えた。

シンポジウムでは、水文学的モデリングと堆積物管理、水文学的応用のための人工知能、洪水リスク評価、遠隔検知と洪水と水のセキュリティのためのGIS、気候変動と持続可能性など、いくつかの主なテーマが議論されています。

シンポジウムにはDNUSTのDuong Vo Ngoc副教授が参加しました。 日本国際協力団代表の鈴木高志氏。 Nobuyuki Ichihara博士、Japan Water Agency国際部長。 ISU会長 Dr. Ricmar Aquino; 高麗大学防災研究所、住鉄屋教授。 TUのThai Nguyen Canh教授。

他の代表として、DNUST総長ドアン・クアン・ヴィン教授。 KU-DPRIのSameh Kantoush教授。 Nguyen Van Hoang博士、ベトナム災害管理局。 ベトナムDNUSTのHung The Nguyen教授。 ISU研究開発ディレクターJeoffrey Lloyd Bareng博士; とDr。 Lanie Alejo、水資源研究開発センター所長。

一方、持続可能性のための努力の一環として、ISUは12月17日から19日まで「Synergizing Science, Technology and Policy Solution to Strengthen Climate Adaptive Integrated Water Resources Management Practices in River Basins」というテーマで第2回FSMaRT国際シンポジウムを開催する。 2024.

READ  日没後、空またはビデオを通して5つの惑星を見る
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours