経済

IT産業グループ、楽天首長で苦軍奮闘

eコマース市場の大企業であるRakuten Group Inc.の強力な首長が、情報技術プロバイダーの産業グループを率いることは、複雑な祝福でした。

楽天グループの会長兼最高経営責任者(CEO)の Mikitani Hiroshiと一緒に、日本神経協会(JANE)はその存在を知らせるために苦労しました。

JANEは、既存の制限を解除し、新しい産業の成長を促進するために、10年間政治家にロビーを行いました。

しかし、協会の代表取締役である Mikitani の支配的な役割は、一部の最高の IT 企業が JANE に参加するのを防いだ。

Keidanren(Japan Business Federation)は、規制緩和のためのロビー活動を開始し、JANEが主に重工業企業で構成される経済組織との差別化をはるかに困難にしています。

6月1日、JANEは会員企業で500人以上の関係者が参加するイベントで創立10周年を祝いました。

ミキタニは記者会見で「グループは最初はスタートアップ企業だけで構成された」と回想した。

MikitaniはJANEの業績を誇りに思っており、「今は長田町と茅ヶ崎(東京)の彼らが(政治家や官僚)が私たちの意見をよく聞いてくれる」と話しました。

2012年6月に設立されたJANEは、ITを使用して新しいサービスに対する障壁を取り除くことを提案しました。 この努力は、オンライン医薬品の販売禁止が解除され、民宿民間観光旅館への制限が緩和され、結実を結びました。

2021年12月、JANEはインターネットユーザーの機密性を保護するために規制を強化しようとする通信省の計画について「深い懸念」を表明しました。 これは政策審査につながった。

COVID-19 感染症の間、JANEの提案に従ってデジタル化された提案に関連して、規制プログラムの改革が始まりました。

これらの傾向に基づき、グループはMikitaniをDigital Agencyのエキスパートパネルに送信するなど、活動を強化しています。

協会の原動力はミキタニのリーダーシップです。

JANEの副社長であり、Cyber​​Agent Inc.の社長であるSusumu Fujitaは、Mikitaniの努力により、経済グループが提案を迅速に発表できると述べた。

Fujitaは、「JANEには強力なリーダーがいます。 「ミキタニは、異なる意見を持つ会員企業間の妥協で強力な主導的な役割を果たしています。」

Mikitaniの率直な発言もかなりの注目を集めました。

例えば、2011年、東京電機が運営する福島第一号原子力発電所事故の余波で「電力産業を保護しようとすることは許されない」と公式にKeidanrenを非難しました。

続いてジェーン導入に先駆けて議論を起こした。

ミキタニの強力な影響力に対する感情は、メンバーの間で交錯します。

JANE会員社のある役員は「ミキタニのオーラが強すぎて良く悪いように見える」と話した。 「私たちはMikitaniの意見と他の意見を提示することはできません。 一部の企業は独立性を維持するために距離を置こうとしている」と述べた。

実際にIT大物Yahoo JapanはJANE加入を拒否し、2016年独自に日本情報術連盟(ITF)という団体を設立した。

もう1つの問題は、JANEが既存の製品と差別化される困難に関連しています。

Keidanrenは最近、デジタルサービスの規制についてより多くの提案を提示しています。 その結果、JANEの提案は現在、Keidanrenの提案と大きく変わらない。

非IT企業は現在、JANE会員の40%を占めています。 これにより、JANEの構成はもはや固有の特性と見なすことができなくなり、最初はJANEに属する多くのIT企業が協会の強みと見なされました。

このため、JANEは現在のメディアであまり扱われていないのに対し、Mikitaniは組織設立直後に記者会見を通じて自分のビジョンを積極的に表現したときに多くの注目を集めた。

ビジネスグループとして再びその存在感を高めるために、JANEはミキタニの個人的な影響力に頼らずに独自の提案を提示すると予想されます。

READ  EUと日本、農業の持続可能性と技術革新の協力拡大を発表

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close