ITFカラーブラギーオープン:ラムクマール・ラマナダン、決勝戦でフィヒラーと対決

Estimated read time 1 min read

5番のシードを受けたインドのRamkumar Ramanathanが日本のTaguchi Ryotaroを抜いて土曜日ここで開かれたITF Kalaburagi Open決勝戦に進出しました。

ラマナダンは準決勝戦で6-2、6-1で勝利し、汗一滴流さなかった。 決勝戦では日曜日オーストリアのダビッド・フィヒラーと対戦する。

ここで7番シードを受けたオーストリア選手は、2番シードを受けた日本の松田竜樹を6-2、6-4に制圧しました。

2番目のITF M25Kタイトルを狙っているRamanathanは、Chandrashekhar PatilスタジアムでTaguchiに対する勝利を記録するのにわずか65分しかかかりませんでした。

また読んでください | インドスポーツニュース仕上げ、12月2日:Rethin、AishiがITFジュニアタイトルを獲得

先週、ITFムンバイオープンで優勝したRamkumarは堂々と奉仕して帰ってきました。

初セットでは最初の5試合がサブで行われた。 日本は6次戦でサブを出して一番最初に譲歩し、インドに4-2で先に行った。

29歳のラマナタン(Ra​​manathan)は7次戦で巨大なサブを出して5-2に先駆け、8次戦でもライバルを破ってセットを6-2に確定した。

インディアン・デイビスカップ代表チームのメンバーであり、アジア大会の銀メダリストであるラマナサン(Ramanathan)は、2セットでより良い姿を見せた。

日本人ができる最善は、2番目のゲームでサブを維持することであり、Ramanathanは両側で多数の勝者を送りました。

4番目と6番目のゲームで休憩を取ったRamanathanは、2番目のセットを6-1に仕上げ、ゲームもそれで終わりました。

田口・竜樹、ダブルス

一方、竜木と田口が合流してダブルス王冠を持ち上げました。

日本のデュオは、インドとオーストリアのペアであるNitin Kumar SinhaとPichlerを相手に1セット落とした後、6-4、2-6、10-7に勝利し、USD 1,550の勝者小切手と25 ATPポイントを獲得しました。

準優勝者は900ドルと16のATPポイントを獲得しました。

READ  日本仏教団体創価学会の池田大作会長が95歳で別税した。
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours