スポーツ

Jまた、不祥事」の存在意味がない状況」村井C悲痛 – J1:日刊スポーツ

東大阪市役所を訪れたJリーグの村井だけチェアマン(撮影・松本項)

J1G大阪のFWアデみう手(26)が、道路交通法違反の疑いで任意捜査されたことを受け、Jリーグの村井だけ議長(61)が26日、東大阪市内で取材に応じて、厳格な口調で考えを述べた。

この日は、JFLのFC大阪聴覚を実施して、「今、従業員の話を聞いて、会議中ですが、リリース文書を確認させてくれました。」 さらに、このように述べた。

「ありえない、許可されていない、そのような行為ですね。飲酒に運転して接触事故を起こしている。さらに、高速道路という内容で受けてみましたが、そんな状態で、手順1下手災害になることがありました。それは練習場に向かう状況で練習を控えたプロ選手がそのような心構えでそのような行動をすること自体が信じられない許されないことだと思います。本当に残念なものだと思っています」

発生したのは25日午前8時35分ごろ、大阪府茨木市(近畿自動車都内)。 アデみう指運転する車を追い越し車線を走行中の左前側のボディを走行車線の車と接触するが、本人は自動車との接触は認識せず、クラブハウスに向かった。 訓練終了後、11時30分ごろにクラブハウスで大阪府警察本部交通部高速道路交通警察隊の任意同行を求め、事情聴取と開かれたアルコール検査で基準値を超えるアルコールが検出された。

Jリーグは10月に入って飲酒運転などの疑いで書類送検されたJ2新潟FWファビオ・ペドロ触れ契約を解除された。 J1仙台は週刊誌で暴行が報道された主なMF道渕諒平との契約を終了。 不祥事が続く状況で村井委員長は、表情を曇らせた。

「このコロナ災害厳しい中歯を食いしばって頑張っていた多くの関係者の皆さん、ファン、サポーターの皆さんの期待を裏切り行為が続いています。サッカーで勝利、敗北したかおいしく強いとか、そんなこと以前に、地域の皆さんに依存している.Jリーグが地域の皆さんに迷惑をかける存在になってしまったら、それはもはや存在意味すらない状況だと思います」

新潟件あり、20日には担当者会議での遵守を周知徹底。 この日は、選手会との協議が予定されていた。 村井委員長は、今後の対応について、「これまで様々な努力をしてきたとは思いますが、それが十分に伝わってしまったていないことが明らかになりました。一度、もう一度考えて、コンプライアンスに努めていますができたいと思います」との方針を示した。

READ  阪神・ガルシアは、シーズン電力で必要な/梨田昌孝 - 評論家コラム - 野球コラム:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close