Jリーグ、8月シーズン開幕を支持する

Estimated read time 1 min read

Jリーグは水曜日のサッカーシーズンを今のように2月ではなく8月に始める方案を強行すると発表した。 これはヨーロッパ最高の大会に合わせてサッカーシーズンを始める措置だ。

リーグは上位3部門60球団代表らとの懇談会でこのような立場を伝えた。 年末までに最終決定を下す予定だ。

Jリーグは早ければ2026年に施行される変化について球団たちと議論しながら公正な立場を堅持してきた。

今シーズンから開幕を9月に移したアジアチャンピオンズリーグが改編され、夏の開幕への転換が必要だという声が出た。

Jリーグの久保田シンジ役員は「私たちリーグがシーズン日程再調整について肯定的であるというメッセージを伝えた」と話した。

Jリーグは今回の夏の暑さにより競技数が減り、今回の変化がスタジアムでの技量を高めるのに役立つと期待している。 欧州リーグと並行シーズンを進め、移籍料の引き上げも予想される。

これらの動きに反対する主な主張の1つは、冬の間に大雪が降る地域に基づくクラブに与える影響でした。

この問題に精通した消息筋は、この考えに反対するクラブがいくつかあると述べました。

READ  Iran into World Cup final as Japan, South Korea move closer | REVOLVE スポーツ
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours