スポーツ

J. LeagueとNPB希望現在出席制限が緩和されます。

日本のプロ野球とJ.リーグ合同COVD-19のタスクフォースのメンバーは、ウイルスについての知識と、収集したデータは、体の2年目に入り、指数関数的に増加した感じ。

この豊富な情報により、両リーグは、中央政府の大規模なイベントに参加の現在の制限をハードキャップ5000で、各競技場の仕様に応じてスライドの割合で緩和するように要求しました。 リーグは、適切な措置をとると、安全に作動することができると思います。

NPB斉藤敦コミッショナーは月曜日タスクフォース会議の後のスピーチをしながらリーグの12クラブが出席制限のために、昨年の大幅な財務上の損失を被ったと言いました。

斉藤は「私たちは、2年目(大流行)に入っており、政府の(より多くの)観客をかけて送信してもらう必要があります。

斎藤とJ.リーグのMitsuru Murai会長は、政府がより大きな柔軟性で運営することを希望しかし、まだ正式な応答を受信しなかったと述べた。

Jリーグは金曜日2021シーズンを開始し、NPBは3月26日のキャンペーンを開始する予定です。 NPBのチームは現在、春のトレーニング中です。

連盟は、今月初めにスポーツを統括しているハギオダ光一教育相と、今月初めに分けプッシュ浩二日本のスポーツ庁長に政府の指示の一部緩和を要求する手紙を提出した。

Saitoは大会が開催される競技場の大きさを基準に試合に許容されるファンの割合を基準とすることがより現実的だと思います。 しかし、彼は、政府が変化を消極的、現在の措置が維持されると予想していると付け加えた。

Jリーグは土曜日埼玉スタジアムで行われた富士ゼロックススーパーカップに4,208人が参加したと報道した。 これは6万人を収容することができる会場が7%に過ぎなかったということを意味する。

Muraiはリーグが科学的証拠を使用して、より多くのファンが内部に許可されても、ゲームを安全に保持することができるということを政府に確信させることを願って。

Muraiは「都市の感染率は、この程度であり、競技場の大きさが、その程度の場合どのような結果を得ることができるかどうか科学的シミュレーションを実行しました。

一方、タスクフォースの医療スタッフは、ファンが試合を終えてすぐに家に帰らず、レストランやバーなどの場所に寄らないことを懸念している。 彼は現在、緊急事態が3月7日解除される予定であり、これにより、多くの人々がウイルスの予防についての詳細緩くアクセスすることができると述べています。

医療パネルのリーダーである角光雄氏は「周辺要素も考慮して対策を講じなければならない」と述べた。 “そして、それは重要な問題になるでしょう。」

日本を含む全世界で新たな感染率が鈍化しているのに対し、医療パネルの別のメンバーであるHiroshige Mikamoは、第4波が来るだろう人々は警戒を維持しなければならないと警告しました。

「私は第四の波が私たちを強打すると信じています」とMikamoは言いました。 「NPBとJリーグ関係者は、私たちが予想していたよりも良い対応策を用意し、私たちは、メディアのサポートが必要です。 緩みやすいので、メディアが大衆にずっと想起させることが重要です。」

伝染病の専門家であるKazuhiro Tatedaは、政府が、病気の拡散を防ぐため、他の緊急状態とは対照的に、システムを開発しており、日本が、ウイルスの攻撃を避けることができると思うと言いました。

政府専門家パネルのメンバーでもあるTatedaは「(システム)を使用して、メディアに助けを求めると、市民と可能な限り多くの情報を共有する必要があります。 「もし我々がそれを達成することができている場合は、私たちは、4番目の波に直面する必要がないだろうと思います。」

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  バジルローマシェフチェンコのカムバックに対する目を引く、日本の巨人中谷正義、プロモーターボブアルム公開

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close