エンターテインメント

J-POPシンガーソングライターゆか、ビルボードジャパン&チックトーク「NEXT FIRE」11月号特集

Jポップシンガーソングライターのユカは最近11月のフィーチャーリングアーティストでファンのためのコンパクトセットをライブストリーミングした。 ビルボードジャパン そして Tikのトークのハイブリッドプログラム 次の火災

次の火災 ビルボードに基づいて現在浮上しているJ-popアーティストを照らすTikTok Liveのショーです。 日本のTikTok Weekly Top 20チャート。 コラボレーションプロジェクトは、ライブパフォーマンスと今月の特集パフォーマンスのプレレコーディングインタビューをストリーミングし、ファンに芸術性を深く見せています。 Yukaのショーケースセットには、短編映画プラットフォームで6億5千万回以上の視聴数を記録したチックトックヒット曲「パートナー」が含まれました。

ビルボードでもっと見る

コンパクトスタジオコンサートのためにギタリストToshio UchidaとキボディストKen Edoと共に28歳のシンガーソングライターであるKen Edoは、アコースティックギターとピアノが生み出すサウンドスケープに響き渡る成熟しながらもかわいいボーカル「Marry me」でセットを始めました。 。 。 「今日は短い時間ですが、皆さんと一緒にこのショーを楽しむつもりなので、気軽に手を叩いて一緒に歌を歌ってください」と歌が終わった後、内田が軽快なメロディを演奏しながら、彼女は視聴者に話しました。

そこで3人はポップボーカルと歌声とゆかの上手な調和を通じて伝わるリスナーに語る歌詞がある「Hey girl!!!!」を優しく始めました。 それから彼女は切ないバラード「いちりんぼし」を呼んだ。 最初はピアノだけが伴奏し、後にギターが追加され、編曲に別のレイヤーが追加されました。 彼女の声は曲が進行中に徐々に強くなり、聴衆を歌詞に描かれた柔らかい懐かしさに導いた。

ユカは次のトラックに先立ち「多くの方がチックトークの様々な映像に私の歌を使った」と話した。 「友達と思い出を作ったり、大切な人たちに愛のメッセージを伝えるときに楽しんで歌ったような歌を聞かせたい」 続いて3人のミュージシャンはエキサイティングなリズムの「ベスティ(Bestie)」を披露し、ユカは画面越しの観客に拍手を打つようにジェスチャーを取った。 様々なボーカルスタイルを通じてファンが一緒に歌いたくするフレーズに満ちた人気曲のライブ演奏はボーカリストとしてのユカの魅力をよく見せた。

「次の曲は皆さんが知っている曲です」 彼女は最後のトラックで次の曲をプレイする前に驚いた。 「私と一緒に歌を歌ってくれて嬉しいです」 曲はTikTokのもう一つのバイラルヒット曲「Partner」でした。 ファンは彼女が中毒性のあるメロディーと共感する歌詞でこの曲を弾くとは思わなかったので、ライブストリームのコメントセクションは興奮でいっぱいでした。

バックバンドを紹介した後、「誕生日ソング」でセット場を仕上げた。 このしっかりと祝う歌は、グランドフィナーレの雰囲気を作りました。 ユカは曲のアウトトロで観客に再び感謝挨拶を伝え、幸せな雰囲気で撮影場を終えた。

ユカのプレレコーディングインタビューがストリーミングされます。 ビルボードジャパンチックトークチャンネル 11月11日から生中継から抜粋した内容は シンガーソングライターTicktokアカウント

記事全体を読むにはここをクリックしてください。

READ  伊丹十条で始まる場所

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close