トップニュース

JAL、中国のLCC春秋航空日本法人を子会社化

日本航空はコロナ19伝染病がおさまった後、予想される観光需要の回復を満たすために、中国格安航空会社春秋航空の子会社を子会社にする計画である。

現在、日本春秋航空の株式5%を保有しているJALは株式を51%以上に増やすために、6月に数十億円を追加投資すると消息筋は伝えた。

日本の主要航空会社は、伝染病が終わった後、中国人観光客が日本に戻ってくることが予想されることを現金化することを熱望しています。 同社は5月7日に公開されている中期事業計画への投資の詳細を公開する予定だと明らかにした。

11月にJALは伝染病で生き残り航空機の交換費用をカバーするために共謀およびその他の手段を介して、約1,800億円(17億ドル)を調達しました。

同社は合計で100億円をJALが50%の株式を保有しているLCC航空会社である春秋航空ジャパンとジェットスタージャパンに投資すると発表した。

2019年12月までにSpring Airlines Japanは27億円の純損失を記録しました。 昨年LCCは自発的退職を含む努力を通じて、従業員を減らしました。


関連報道:

日本、旅行者のためのCOVID-19のテスト証明書の規定を強化

JAL、2040年からすべての国内線での代替燃料の使用


READ  日本の病院のスタッフ、2回のワクチン接種後コロナウイルス感染

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close