トップニュース

Japan」s Kohei Uchimura books ticket to 4th Olympics

日本の3回のオリンピックチャンピオン内村公平は日曜日の個人種目別ポイントベースの予選システムを介して選抜された後、この夏、東京で第四オリンピックに出場する。

内村は日曜日高崎アリーナで開かれた国家機構選手権水平バーで2位を占めた後、7月23日にオープンする東京オリンピックで個人機構種目の主催国で唯一の地位を占めていました。

内村公平が2021年6月6日、日本の東群馬県高崎アリーナで開かれた全国組織選手権大会で水平バー決勝でブレシュナイダーを実行します。 (教徒)

ミスを犯した後、自分のルーチンに15.100点を得た内村は「私着陸した後、オリンピックに行く機会がないと思った」と話した。

「だから、行くことができるという話を聞いたにもかかわらず、幸せではなく、行く資格があることを知りたいです。」

Uchimuraは最近体力闘争のためにチームイベントと6つの機器で構成された個人総合大会でタイトルを守る代わりに、オリンピックで個人水平バーイベントに集中して、東京で競争する可能性を高めています。 。

彼は金庫では、最初のオリンピックマリーナを狙っていた米倉秀信より先に予選を終えた。 日本の体操協会は4月から予選2倍に増え、3つの大会を包括するポイント制度を施行した。

体操協会は2018年ユースオリンピックで5個の金メダルを獲得した18歳のその他の花園健とオリンピック団体戦出場選手の谷川渉を指名しました。

内村公平(左)は、2021年6月6日、日本の東群馬県高崎アリーナで開かれた全国組織選手権大会スピョンボン決勝で他の花園健と拳を合わせている。 (教徒)

彼らは5月にNHK杯で優勝した大樹橋本とコロナウイルス感染症が原因で1年延期された東京ゲームの4人組のチームでカズマカヤと合流する予定だ。 日本の金メダルを獲得したリオオリンピック選手団の選手の中で誰もがこのイベントに名前をあげたことがありません。

観衆の前で公演を広げた内村は非常に難しい “ブレシュナイダー」の動きに開幕したが、予選で欠点のないルーチンを記録して、オリンピック予選ポイントで米倉を率いて、一日だけの要素のいずれかでミスを犯した。

全国水平バーのイベントは、15.133を記録した橋本が優勝しました。

内村は「非常に良くなかった。しっかりとした競技力にオリンピックマリーナを結成したかったので米倉が非常に残念だ」と話した。

Uchimuraは、2008年の北京オリンピックでオリンピックデビューを払いた個人総合大会で銀メダルを獲得しました。 2012年ロンドンオリンピックと2016年リオデジャネイロゲームで優勝しました。

しかし、彼は2016年大会以来、体力に困難を経験し、左足首の負傷で2017年の世界選手権で脱退した後、オールラウンド大会で彼の連勝記録は40歳崩れた。

また、肩の痛みに悩まされている内村は2019年東京オリンピック予選が夢だと語った。 彼は昨年から彼の最も強力な機構である水平バーを専門としている。


関連報道:

体操:橋本大樹、日本国籍を獲得し、オリンピック進出

オリンピックに向けて狭い道を歩いている体操の王内村

体操:オリンピックに向けた内村の国のタイトルの重要なステップ


READ  米国ISM製造業景況指数、2018年以来の高値 - 新規受注が好調 - Bloomberg

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close