スポーツ

Japan Airlines, 767, 地域ジェットの交換目

ジェイミー・フリード

ドーハ(ロイター) – 日本航空(JAL)が老朽化したボーイング767機とエンブラエルSA地域ジェット機の交換に対して1~2年以内に決定を下す計画だと上級幹部が火曜日明らかにした。

JALの路線マーケティング、国際関係、同盟の責任者であるRoss Leggettは、「JALは787およびAirbus SE A321neoファミリを767機の可能な代替品として、A220およびE2モデルを地域ジェット機として考慮する」と述べた.

彼はロイター通信とのインタビューで「私たちはかなり大きな787機を保有しているため、アジアでもかなりうまく使用できるA321かどうかについて完全な決定を検討していない」と話した。 ドーハで集まります。

ウェブサイトによると、JALには31台の767、18台のEmbraer E-170、14台のE-190があります。

Leggettは、需要が2019年水準の約85%から95%で実行されているが、航空会社は5月に国内収容能力をファンデミック以前の水準の100%に戻したと述べた。

国際市場で中国、韓国、台湾が事実上閉鎖され、日本が日々入国者数に制限を置きながら収容能力は感染病移転水準の約65%だと付け加えた。

ライバルANAホールディングスの国内需要は、感染症以前の水準の約80%と、ANA提携や国際業務を担当する柳千郎宮川副社長が語った。

(Jamie Freedの報告。Gerry Doyleの編集)

READ  A-リーグ衝突で栄光をずかずかながらアデレード5-3

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close