エンターテインメント

Japan Covidの懸念は、文脈で維持する必要があります

アイランドオリンピック連盟(Peter Sherrard)最高経営責任者であるピーター・シェラトン・デ・(Peter Sherrard)は、東京オリンピックが行われると、「絶対に」と確信しています。

7月23日に開始されたオリンピックを控え、日本でコロナ19の第四波に対する懸念が高まっています。

木曜日ウルスラフォン・デア・ライ円、欧州委員会の委員長は、欧州連合が人口の約40%を接種するのに十分な1億個以上のワクチンを日本に輸出することを承認したと発表した。

アイルランドのチームは、約170人の選手とサポートスタッフで構成されることがあります。

RTÉのLate Late ShowのSherrardは次のように言いました。 「明らかに注視する必要があります。状況に合わせて表現してください。

“[Japan currently has] 毎日約4万5千件発生したが、人口が約1億2千万人に達すると、ここでは約180、190件に戻ります。


ミッションシェフは、アイルランドのチームの約90%が予防接種を受けることを期待します。


「彼らはこの時点までにCovidと非常によく対処してきました。

「それは私たちのすべてが非常に意識しているのです。プロトコルがあり、運動選手はこのような環境では、昨年に競争してきました。

“とともに [team] 予防接種は、大きな助けとなりますので、多くの選手がIOCが最近ファイザーに到達した合意に恩恵を受けて予防接種導入を開始することができます。

「これは確かに役立つされており、多くの選手たちが準備をして大会に出場したため、多くの選手たちに大きな心配事となりました。

「彼らは、東京から遠く離れたこの段階では、彼らがCovid陽性反応を示す場合、それは非常に困難であることを知っています。そのため、ワクチンプログラムの実施に役立つでしょう。」

すでに一度延期された大会が行われるという確信があるか尋ねると、彼は “はい、もちろんです。」と言いました。

合理的メダル運搬を構成する質問についてSherrardは「私たちが3〜6個の間に戻ってきた場合、非常に上手になります。」と言いました。

READ  学校は、ウイルスの恐怖に東京オリンピックの観客プログラムから撤退

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close