経済

Japan Inc、仮想的に株主に会うための努力を強化

東京 – 投資家はコロナウイルス感染の再発を避けるために、インターネットに移行する中で、600個以上の日本企業が年次総会を開催する忙しい火曜日に参加しました。

日本の企業がCOVID-19スタイル総会を開催することは、今年で2年目です。 政府は、一週間前、東京と大阪のような大都市で緊急事態を解除したが、企業は依然として慎重でCOVID予防措置を実行するために努力しています。

一部の企業は、オンライン会議を組織するために、定款を変更して、投資家に感染の可能性がない家で参加できるオプションを提供しています。

今月、日本政府は、企業がオンラインで株主総会を開くことができるよう、産業の競争力強化法を改正した。

SoftBank Group、Takeda Pharmaceutical、Sumitomo Mitsui Financial Groupのような会社は、今年AGMで定款を変更して、来年から完全なオンライン株主総会を開催することができるよう提案した。

SoftBank GroupはAGM公知で「完全な仮想会議で次のような多くの株主がより容易に [those] 遠方からお住まいの方は、有効、効率性、円滑な運営につながる。」だけでなく、COVID-19のような「感染症対策に貢献」する提案が受け入れられました。

オンラインAGMは、投資家が複数の会議に出席できる時間をより多く提供します。 日本は凝縮されたAGMシーズンで有名です。 会計年度が3月に終わる企業の約90%が6月末に総会を予約します。 今年6月29日はAGMの約30%が発生し、最も集中しています。

一部の投資家は、Japan Inc.が完全にオンライン状態になると、株主の経営陣に疑問を提起することができる能力を弱体化させることができると懸念します。

投資家の関係のコンサルティング会社であるIR Japan Holdingsは物理的な場所ず、今後のAGMを招集することができるように定款の一部修正を提案しました。 ISSのような代理顧問会社は、「株主と経営陣との間の意味のある交流を妨げる可能性がある」と提案に反対することを勧告しました。

IR Japanは完全な仮想会議を通じて、より多くの株主が参加できる道を開いて、「場所のコストを削除」することを説明しながら提案を弁護しました。 同社はまた、「参加日を選択できる株主の権利を増加させるだろう」と述べた。

今月会社総会で株主の過半数が変更に賛成票を投げ11%は反対票を投じた。

COVID-19の期間中、オーストラリア、インド、マレーシアなどの国の多くの企業がインターネットを介してAGMを開催することを選択し、仮想会議がアジア太平洋地域でさらに普及されています。

先月のアジアコーポレートガバナンス協会が発表した報告書によると、インドの市場価値基準上位50代上場企業すべて2020年12月までに、仮想会議を開いた。

報告書はまた、グローバル回答者の62%が2019年または2020年総会に出席していなかったと答えながら、AGMの投資家の参加が大流行以前にも圧倒的だと指摘しました。 一方、20%は、仮想AGMを最後に活用したました。 年。

READ  PHL、日本に豚肉、牛肉輸出可能-NMIS

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close