Japan Inc、数十年で最大賃金を引き上げる

Estimated read time 1 min read

日本のトップ企業は、少なくとも現在、岸田文夫首相が生活費の上昇に対応するために賃金の引き上げを求めたことに耳を傾けながら、水曜日に終わった年次労働会談で四半世紀ぶりに最大の賃金引き上げを提案した。 。 労働者の給与は、1990年代後半以来、世界3位の経済大国である日本のOECD平均よりもはるかに遅れている数年間、急速な成長の犠牲者の1つでした。

しかし、今や円安や原材料価格の上昇で輸入コストが上昇し、インフレが40年ぶりに最高水準に高まったので、木田はより良い給与のために北を打ちました。 より正確な数値を明らかにしていないKeidanrenビジネスロビーによると、今年の「shunto」春賃金交渉の平均賃金引き上げ率は約30年ぶりに最も高かった。 これは、1997年の2.9%以来、最高値であるほぼ3%の増加に対するアナリストの予想と概ね一致しています。

「今春は成長と富の分配のための転換点になるでしょう。」 彼はまた、最低賃金を全国的に引き上げることを目指していると述べた。 トヨタモーターコープや日立株式会社をはじめとする日本最大の企業は、最近数週間にわたって広く知られた結果である組合の要請に完全に同意したと述べた。

田中健一日立副社長は、ブリーフィングで「価格の急騰を考えると、従業員の期待はほとんどの年より高くなった」と話した。 Rengo傘労働グループは5%の賃上げを要求しました。

今年の会談は、日本のすべての主要自動車会社が組合のニーズを完全に受け入れた最初の事例だと、自動車会社労組傘下の団体長である明日香子氏が語った。 「うらやましい」

しかし、日本の労働力のほぼ70%を占める小規模企業の労働者にとって、バラ色の見通しはそれほど明るくはありませんでした。 これらの企業は、多くの場合、コストの増加を顧客に転換することが困難であった。 賃金があまり上がらないトラックメーカーで働く加藤武弘は「トヨタのような会社の労働者がとても羨ましい」と話した。 彼の雇用者は最近のインフレに対応するために一回限りの手当を支払ったが、それはすべてです。

彼は「いつ別の支払いを受け取るか分からないので、そのようなお金を信じられない」と話した。 日本中央銀行が長い間追求してきたより強い経済成長と2%インフレという「好循環」を作ることは、古事で賃金引き上げの傾向が持続可能であるかどうかを考えなければなりません。

中央銀行は最近、物価上昇が内需改善よりは輸入原価上昇など外部要因によるものだと主張し、持続可能なインフレ達成のための賃金上昇を重視している。 昨年の超低金利基調は主要中央銀行の中で頭角を示した。

日本経済は、消費不振の中で、2022年の最後の数ヶ月間の景気後退をかろうじて避けました。 一時的な反応

紀内高秀元日本銀行取締役は「企業立場の変化というよりは予想外の歴史的高価に対する一時的な反応に近い」と話した。 「物価に何が起きても、賃金の引き上げが来年以降も続くとは思えない」

日本経済研究センター(JERC)が33人のエコノミストを対象に実施したアンケート調査によると、会談を控え、大企業は賃金を約2.85%引き上げると予想された。 会談は基本給とボーナスの両方をカバーしています。 日立は水曜日に言った

これは、賃金全体を1年前の2.6%引き上げに比べて平均3.9%引き上げます。 日本電気電子情報連合会長の神保真司(マサシジンボ)は「私たちは今回の賃金引き上げを一回限りにしてはならない」と話した。

岸田政府は水曜日の構造的賃金の引き上げのために8年ぶりに労使合同3者協議を持つものと見られる。 フェイスセッターに従ってください

毎年3月、300社以上の主要企業がトヨタモーターコープなどの賃金リーダーに沿って労組と交渉を行っています。 より大きな給与引き上げを要求するよりも、雇用の安定を維持することにあります。

一部のアナリストはまた、労働組合がインフレが緩和されると、今年半ばから予想されるように、今後数年間でより高い賃金を要求することに積極的になると懐疑的である。 1月の実質賃金は、売上税が5%から8%に引き上げられた2014年5月以来、最も速いペースで下落しました。

OECDデータによると、日本の賃金は過去30年間で約5%増加し、同期間の加盟国の平均35%増加にははるかに劣りました。

(このストーリーはDevdiscourseの従業員によって編集されておらず、シンジケートされたフィードから自動的に生成されます。)

READ  日本の最新ユニコーンはタイモバイル決済会社です
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours