経済

Japan Incの収入はFY2020のために3倍のダウングレードをアップグレードします

TOKYO(Kyodo) – クレジットによると、新型コロナウイルスの影響を慎重に見解が2月に予防接種を開始に緩和さに応じて、日本の上場企業の今年の会計年度の収益予測の上方修正は、下方調整の3倍に増加しました。 研究の会社。

帝国データバンクは、3月帳簿を閉鎖した上場企業を対象にしたアンケート調査報告書で、2021年3月までの見通しが改善され、日経株価が先月、30年ぶりに最高値を超えたと発表した。

最近の調査によると、2月末までに約802社の企業が売上高見通しを修正し、そのうちの604個(75%)が指示を上げ198社の企業がこれを減らしました。 メーカーは予想を上方修正した会社の約半分を占めています。

初期の収入予測が発表されたときは、ほとんど日本で4月コロナウイルスへの最初の緊急事態の後、多くの企業がウイルスの「脅威を認識して、「その影響が推定値に反映されたとTeikoku Databankは言いました。

しかし、「国内の予防接種が2月に開始されたという事実は、その月に313件の最大の毎月の予防接種をもたらし、「日経指数が1990年8月以来初めて30,000を突破する要因として作用している。 調査機関は、2月15日に語った。

いくつかの企業は、感染症が原因で家に留まらなければなら需要を活用して、「継続的に収益を増やし、「おり、他の多くの企業は、ライフスタイルの変化に困難を経験していると付け加えました。

ソニーは先月の人が自宅でゲームをするために、より多くの時間を費やすことにより、新しいPlayStation 5ビデオゲームコンソールの需要の増加に支えられ、3月31日までの1兆9千億円(100億ドル)の純利益見通しを上げた。

電子巨人は、ウイルスの世界拡散に起因する不確実性を引用して、5月の実績を見てたときの収入予測の提供を停止し、8月に最初のガイダンスを提供しました。

パナソニックはまた、家電製品の販売好調により、先月3月まで、今年の収入見通しを上方修正した。

READ  Lastminute.comは1万ポンドの休日払い戻しを返済していない限り、法的措置に直面します。 事業

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close