経済

Japan Incは、水素の超大国になることを望んでいる

N 2016 TOKYO’S 当時知事だったMasuzoe Yoichiは1964年の東京オリンピックが新幹線新幹線を残すように、日本水道が2020年に開催するオリンピックが「水素社会を遺産として残すだろう」と予測しています。 その年の末Masuzoeはコストスキャンダルで辞任しました。 しかし、東京が伝染病に延期された7月23日の開幕式を準備しながら、彼の夢は続きます。

この話を聞いて

で、より多くのオーディオおよびポッドキャストを楽しむ iOS または アンドロイド

初めてオリンピックの聖火は、水素を焼きました。 公務員は、水素を消費して水蒸気のみ排出するリムーバブル発電所である燃料電池を使用しているToyotaで作成された約500台の自動車と100台のバスに乗って移動することになります。 Kawasaki King Skyfront Tokyu Reiホテルは、廃プラスチックからの水素エネルギーを取得します。

すべての偉大な、確かに。 しかし、最も軽い気体ほど重要でもありません。 トヨタと他の日本企業の20年の努力にもかかわらず、燃料電池自動車は、大衆市場でマイル離れています。 燃料補給インフラの不足、小型車両に物を保管する難しさと燃料電池の一貫して高いコストはすべて脱炭素輸送の水素の大きな役割に反対します。

しかし、日本は、水素の超大国に挑戦しています。 その裏で会社は重工業や他の脱炭消化しにくい分野で魅力的でないアプリケーションを追求しています。 政府はそれらをあおっている。

たとえば、6月に経済産業省(コスメティック)「直接還元鉄」に切り替えて、製鋼の二酸化炭素排出量を削減するための計画を提示(DRI)。 このプロセスは、エネルギーを大幅に少なく使用し、必要な化学の一部気候非友好的な成分(例えば、一酸化炭素)を置き換えることができます。 コスメティック は2030年までに炉で水素を使用する商用化するために、業界に数十億ドルを投資しています。 大手のMitsubishi Heavy Industriesは、オーストリアの炭素ゼロ製鉄所を建設しています。 新日本製鉄は DRI 技術は2030年までに商業的に使用されます。

日本の企業も、原料の生産に参入している。 水素を作る最も簡単な方法は、各分子の4つの水素原子と1個の炭素原子を含むメタンから削除することです。 「改質」として知られているプロセスは、副産物が惑星加熱炭素であるため、安価ですが汚れている。 水素は、アンモニアや水きれいすることができますが、これは、より高価です。 コストを下げるためには、 日月、日本最大石油会社が、最近2030年までに巨大な工場の建設計画を発表2 Hで2O 3分の2に。

去る7月、日本の産業の大企業である丸紅(Marubeni)は、オーストラリアの投資会社であるプロビデンスアセットグループ(Providence Asset Group)と再生可能エネルギーとバッテリーと水素貯蔵装置を結合する30個の太陽ファームを開発する契約を締結しました。 彼らは最終的に、日本の緑の水素を輸出することを目的とします。 Kawasaki Heavy Industriesは、最近、世界最大の液化水素貨物船建造の規制当局の承認を受けました。 新幹線ほど目を引かれません。 しかし多分より結果であることもあります。

この記事は、印刷版のビジネスセクションに「Burning clean」というタイトルで糸ました。

READ  11月のイベントは明らかにされなかった未発表Apple製品の整理 - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close