スポーツ

Japan Incは活動家、投資家が寒さで入って来

By Makiko Yamazaki and Noriyuki Hirata

竹内康雄(Yasuo Takeuchi)は2017年、日本オリンパス(Olympus Corp)の最高財務責任者(CFO)として活動投資家が会社の株式を買収したという話を聞いたときに感じた恐怖を覚えている。 野蛮がドアの前にいた。

しかしValueAct Capitalの提案に耳を傾けながらTakeuchiはサンフランシスコベースのファンドをオリンパスの潜在的な変化の触媒として始めました。 オリンパスでは、まだ、会計スキャンダルの影響を受けており、見通しが非常に国内にとどまっていると信じていました。

2021年にすぐに行ってみれば、よりリンオリンパスが次の会計年度まで、営業利益率を20%に2倍になります。

オリンパスは、いくつかの日本企業の態度が、近年、静かにどのように変わったかを示して注目例です。 最近、政府がより良いガバナンスを推進しながら、エリオット・マネジメント(Elliott Management)とサード・ポイント(Third Point)のような巧妙なグローバル活動家が日本に押し寄せました。 国で運営されている活動家の資金の可能性があり、3年ぶりに二倍以上に増加しました。

2019年OlympusはValueActパートナーであるRobert Haleを理事会に迎え入れました。 ValueActは昨年末に一部を売却する前に、ファンドの日本初の投資であるオリンパスの5%以上を所有しています。

現在のCEOである竹内はヘイルが合流した時点の “私はいつものよう私たちのすべての事業を覆す準備ができていた」と語った。

彼はインタビューで「Robは、会社を綿密に観察し、分析します。彼は多くの場合、私たちに実行するための優れた洞察力を提供しています。」とReutersとのインタビューで言いました。

オリンパスは、その後、従来の給与基準給与を改編し、より多くの海外の役員を迎え入れて経営をグローバル化しました。 TakeuchiはValueActがガバナンスについて、「より深く考え」て地名、監査および報酬委員会を作るように支援します。

世界の医療技術企業になるための努力が加速化されています。 オリンパスは、いくつかの海外の医療機器会社を買収して、長い間、お金を失ってきたデジタルカメラ事業を売却しました。

TakeuchiはHaleがオリンパスにカメラ事業を売却するように言ったことがありませんただ、「他の社外取締役のような問題を指摘した」と述べた。

ヘイルは、オリンパスが市場に変化を知らせるのに役立つを与え、より大きな影響を与えるとTakeuchiは言いました。

投資家が注目しているようです。 会社の株価は、2019年初めからほぼ3倍になったがTOPIX指数が約30%上昇しました。

ValueActはこの物語のコメントを拒否した。

「もっと自信」

投資家は、特に外国企業は、多くの日本企業が株主に反応がなく、支配構造を改善しなければならない長い間主張してきました。 ガバナンスと管理に関する問題は、Toshiba Corp、Olympus、その他の地域の会計およびその他のスキャンダルで脚光を浴びています。

Tokai Tokyo Research CenterのシニアアナリストであるTakashi Akahaneは、効率を高めようとするOlympusの計画が「ValueActを理事会に招待することに決定した時期に、より説得力があるようになりました」と言いました。

バリューアクト(ValueAct)が7%以上を所有している日本のチップとディスプレイ材料メーカーJSR Corpもヘイル理事会に招待している。

宮崎秀樹取締役は、この会社は、アメリカ人の知識と専門知識は、企業価値を高めることを希望すると述べた。 宮崎は、意思決定の速度を向上させ、グローバル化を望んでいる。

ロンドンに拠点を置く資産価値投資家(AVI)の最高経営責任者であるJoe Bauernfreundは、日本企業で明確な変化を見ていると言います。

主に中小企業に集中する外国人投資家としての彼のファンドは、数年前に会社取締役をほぼ会わなかった彼は言った。 「今は、企業が、いわゆる活動家たちと、より建設的な方法であるしようとする意志が明確にあると思います。」

活動家たち自身も、数十年前にリリースした敵対的な買収の脅威から脱しガバナンスと長期的な企業価値に焦点を合わせる他の方法をとっています。 専門家は、このようなアプローチは、より多くの成功を収めて、既存の機関投資家からより多くのサポートを受けることができると言います。

先月、シンガポールに拠点を置く活動家、投資家である東芝(Toshiba Corp)のエピ下キャピタル・マネジメント(Effissimo Capital Management)の同意が日本でこのような有名企業で初めて、株主投票で承認を受けました。

しかし、専門家は、株主行動主義が日本に完全に根を下したと言うには余りにも早いと指摘します。

ソニーグループは、チップユニットを噴射するThird Pointの提案を拒否したのは、最近の顕著な事例であり、EffissimoがToshibaの投票で成功したにもかかわらず、会社の経営陣は、まだ活動家、投資家を完全に受け入れませんでした。

早稲田大学ビジネススクールの鈴木和典教授は「オリンパスのような会社は、いくつかの例外であり、ほとんどの会社は、活動家から遠く離れていることを希望する」と述べた。 「しかし、これらの初期の事例が正常に証明され大衆の賛辞を受けると他の人がこれを追うことができます。 “

(レポート:Makiko Yamazaki、Noriyuki Hirata、編集:David Dolan&Shri Navaratnam)

READ  日本の水泳選手Ikeeが白血病以降五輪リレー桁で優勝

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close