経済

Japan Inc.は、サービスの遅れによりファンデミックでまだ不均一な回復を見ています。

コロナ19余波による収益回復は依然として均一ではなく、日本メーカーと非製造業者との間に大きなギャップが残っている。

10月~12月四半期初め、日本で緊急事態が完全に解除され、経済学者はこれが非製造業部門、特にトヨタのような輸出業者が主導する回復に遅れたサービスプロバイダーへの待望の扶養策となると述べています。 (株)自動車

それにもかかわらず、日本の主要航空会社は、2022年3月までの12ヶ月間、2年間赤字を維持すると予想されています。 電車運営者も会計年度の純損失を予想し、旅行会社HIS Co.は53の記録的な純損失を予想しています。 10月に終了した年度に10億円(4億6,700万ドル)を支出し、大流行による打撃の深刻性を強調しました。

ANA Holdings Inc.の社長兼CEOであるShinya Katanozakaは、10月末に「私たちにとって最も重要なのは、より小さな会社になり、コロナウイルストンネルから抜け出す」と述べました。 All Nippon Airways Co.はANA Holdingsの1単位で運営されています。

ANA Holdings Inc. 社長兼CEOである柴也加佳が2021年10月29日、東京で記者会見に出席しました。 All Nippon Airways Co.の親会社は同日、1000億円(8億8000万ドル)の純損失が予想されると報告しました。 COVID-19大流行で打撃を受けた航空旅行需要の回復が遅れたため、以前に予想した35億円の純利益ではなく、2022年3月まで年間純利益が減少しました。 (刑務所)==刑務所

ANAと国内の競合他社である日本航空会社いずれも1年前より実績が改善すると予想されていますが、大流行で旅行需要が蒸発した時、依然としてビジネスでそれぞれ1,000億円と1,460億円の純損失を見込んでいます。 3月まで。

解雇に飛び込むことなく、両社とも退職を通じて人員を縮小し、固定コストを削減するために新規雇用を抑制します。

カタノザカは、「収益性の回復は、次の会計年度に必ず必要です」と述べ、予防接種が進むにつれて需要が抑制されることを希望すると述べた。

日本の地域観光に拍車をかけるための政府補助金プログラムの再開が交通及び観光部門にプラス要因となると予想されます。

しかし、航空の専門家は、国境を越えた旅行がファンデミック以前のレベルに戻るにはより長い時間がかかると予想しています。

国際航空輸送協会(International Air Transport Association)によると、航空旅行の需要は2021年または大流行以前の水準の40%に回復し、2022年には61%に回復すると予想される。

最近、多くの収益報告書によると、製造業者の回復速度が速くなっている。

海外経済の再開は日本の輸出業者、特に自動車メーカーにとって利益になりました。 自動車と自動車部品は日本の輸出の約20%を価値基準で占めています。

米ドルやその他の通貨に対する円の弱さは、円の弱さが海外に送還されたときに得られる利益と日本産製品の海外価格競争力を高めるため、逆風を提供します。

円安も輸入品の価格を上げる否定的な面がある。 しかし最近、黒田春彦日本銀行総裁は否定的な影響に対する懸念を抑え、最近ドル対為替レートが日本経済に「肯定的な」要素として作用しなければならないと述べた。

トヨタは木曜日の2017年度史上最高値を更新した今年度の純利益見通しを2兆4,900億円に上方調整した。

しかし、Toyota Kon Konta CFOは、記者会見で円安のプラスの影響がなかった場合は下方修正になり、販売量基準で世界1位の自動車会社は依然として収益構造を改善しなければならないと述べた。

部品不足と原材料価格の急騰により、日本経済の中枢である自動車部門の見通しがますます曇っている。 日本の自動車会社の上級管理者は、チップクランチがいつ終わるのか正確に予測できないと言います。

2020年8月17日、交通通信ヘリコプターで撮影した写真は、東京近くの川崎の物流センターで外国行きの乗用車を示しています。 (刑務所)

ホンダ自動車は金曜日の2021会計年度の世界販売目標を485万台から420万台に2番目に下げ、純利益見通しを5,550億円に17.2%減らした。

小型自動車メーカーも打撃を受けた。 Subaru Corp.は、年間売上目標を83万台に移転する計画である96万台で約13.5%削減しました。

日産モーター株式会社そしてフランスのRenault SAとの三者同盟の一部である三菱モーターズ株式会社は、以前の計画である967,000台から903,000台を販売する予定です。

加藤隆夫三菱自動車社長兼CEOは、木曜日第2四半期の業績説明会で、「半導体の影響により(友好的な)為替レートのおかげで自動車販売機会を撤回した」と述べた。

加藤研究員は「年末までに状況が深刻だと予想され、突然ターンアラウンドして来年初めから半導体が入り始めるようではない」と話した。

強力な業績回復は、企業が従業員の賃金を引き上げるための前提条件です。 岸田文夫首相は富の分配をスローガンに掲げ、賃金の引き上げを求めると明らかにした。

しかし、大和セキュリティ株式会社のトルスエヒロシニアエコノミストは、業績の良い会社だけが従業員に高い賃金を支払うことができると述べた。

Suehiroは、「緊急事態が解除され、製造業者と非製造業者との間の回復のギャップが減少すると予想される」と述べた。 「しかし、自動車メーカーの大規模な減産後、輸出は10~12月四半期に減少し、経済はバランスを保つが、緩やかなペースで成長するだろう」

READ  インドの - 日本、「熟練労働者」に移動協約締結

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close