エンターテインメント

Japan-JRFU CEOに合理的な6カ国ラグビー選びラグビー選手権

日本ラグビーサッカー連盟(JRFU)は、正規の国際競技を確保するためにシックス・スネーションズとラグビー選手権と話し合っていますが、南半球大会に参加することを好むと岩渕玲介(CEO)が語った。 日本は2019年ワールドカップ8強に進出したが、2021年6月ブリティッシュ&アイルランドライオンズを相手に18ヶ月ぶりに復帰しました。

Brave Blossomsは、昨年ポルトガルと対戦した6回の試合のうち、1回だけ勝った。 元日本国家代表の岩渓は、JRFUのウェブサイトhttp://en.rugby-japan.jp/2021/12/28/aに「私たち代表チームが2年間で最高の試合ができなかったことが大きな影響を及ぼした」と話した。 -new-dawn-for-japanese-rugby.

「私たちは定期的な国際大会に参加する必要があります。そうしないと、常に強いチームを維持することは期待できません。ヨーロッパにはSix Nationsがあり、南半球にはラグビー選手権があります。」は、技術的には、北半球では、タイムゾーンの観点からオーストラリア、ニュージーランド、太平洋諸国に近いので、彼らの競争につながるのは合理的です。

ラグビー選手権は、アルゼンチン、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ共和国で開催されます。 イワブッチは昨年、アイルランド、オーストラリア、スコットランドに敗れた試合でチームが固い姿を見せて心を得ることができると話し、次のフランスワールドカップの前にこれをベースにすることを望むと付け加えた。

Iwabuchiは、「Brave Blossomsについて非常に楽観的で、2023年にフランスを控えて2年間の徹底的な準備で、2019年よりも悪くない場合でも同様の結果が得られると思います」と語った。

(このストーリーはDevdiscourseの従業員によって編集されておらず、シンジケートフィードから自動的に生成されます。)

READ  KinKi Kids扮装デュオ本兄弟に岸優太(King&Prince)がインタビュー| BARKS

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close