トップニュース

Japan Photo Journal:岐阜県で3年ぶりの伝統北演奏祭

2022年4月19日、日本中部岐阜県飛騨市にある下田若宮神社で古川まつり開幕式で3年ぶりに伝統「大越大湖」ブックが演奏されました。 一般的に初日、日本政府が重要無形民俗文化財に指定したこの祭りは、大きな北を持った窯を守る男と小さな北を持った男が激しい戦いを繰り広げる英雄的な意識である「おこしだいこ」が特徴です。 「つけだいこ」といいます。 しかし、2020年と2021年には、コロナウイルス感染症のために祭りが小さなイベントに縮小されました。 今年は再び戦闘が開かず、周りを回る窯ツアーがキャンセルされましたが、体に「サラシ」の服を置いた男たちがイベントの一環として殴打を再開しました。

(高山地方局大竹忠之の日本語オリジナル)

READ  殴打と殴打車:ベトナム労働者、日本で暴力的な虐待の主張

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close